こんにちわ。キタエタイです。

今回はデッドリフトで握力が持たない場合の対処法についてです。デッドリフトは相当重い重量を上げる事が出来る種目ですが、ある程度以上の重量となると握力がついてこれなくなります。

これについての対処法は二つで一つは握力そのものを強化する方法。もう一つが握力を補助して臨む方法です。

以下、順番に解説していきたいと思います。

デッドリフトで握力がもたない…

田村カツオ田村カツオ

ガシャン!

はあー…もう無理。デッドリフトで握力がついていかないからもう無理です(T T)

キタエ鯛キタエ鯛

あー。分からなくはないね。

デッドリフトとかベントオーバーローングとか握力の方が先に限界が来るね。(僕、指無いけど)

中澤純中澤純

デッドリフトの握力問題は放置しないでちゃんと解決しないと、筋トレの効果が落ちちゃいますからね。

対処法について学んでおきましょう!

デッドリフトはかなりの高重量を扱える種目ですが、実は握力が悲鳴を上げやすい種目です。相当に重い重量を手で握って支えるのですから大変です。

個人差もある世界なのでなんとも言えませんが、50キロでデッドリフトをするとしてもセット数を繰り返せば握力が無くなってきますし、80キロ、90キロの世界になったら普通の人なら背中よりも指の力が先になくなってしまうでしょう。

握力は前腕部の細かい筋肉によって生み出されますが、前腕筋は小さい筋肉なのですぐに追い込まれてしまうのは仕方ない事なのです。

しかし、それではデッドリフトが効率的に出来ないという事になってしまいます。デッドリフトをするという事はある意味では握力対策を考えるという事でもあるのです。

※デッドリフトについては下記の関連記事もご参照ください。

デッドリフトで握力がもたない場合の対処法① 握力強化

デッドリフトで握力が持たない場合、まず握力強化するという事が一つの対処法として挙げる事が出来ます。

と言ってもデッドリフトは複数の大きい筋肉を使う動作なのに対して握力は小さな前腕筋や指の筋肉によるものなので、いくら握力を鍛えても追いつかない…という実態はあります(汗)

ただし、トレーニーとして基礎的な部分を鍛えておくというのは姿勢としては大事です。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

ハンドグリップで握力強化。

握力強化の王道といえばハンドグリップでしょう。筋トレをしたことがない人も名前くらいは聞いた事があるでしょう。名前を聞いてピンと来なくても見れば分かるという人も多いと思います。

それくらいオーソドックスな握力強化の道具です。

しっかりと深いところまで握って離す、という動作を繰り返します。あまりにも負荷が強いものを選んでしまって、途中までしか握れないという事になると効果がいまいちなので注意しましょう。(負荷が調整できるものもあります。)

手軽に、どこでも握力を鍛える事が出来るものですが、工夫しないと飽きるという欠点があります。また、毎日やるとオーバートレーニングになり、握力が強くならないのでやり過ぎも注意ですね。

上手く使えばとても効果的ですし、価格も安いですので是非やってみてはいかがでしたでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GronG ハンド グリップ 握力 トレーニング ハンドグリッパー 10kg-50kg
価格:890円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

 

パワーボールで握力強化。

パワーボールは一見すると筋トレ用具だとは分からない形をしていますが、かなり握力強化に役立つアイテムです。

外側の枠(?)の中のボールを回して、それを手で持ち続ける事で握力強化が図れます。握力だけでなく手首も鍛えられるのもポイントが高いですね。

回すのが難しいですが、一度回せるようになるとハマる人も結構います(笑)ただ、ちょっとやって回せないからと言って挫折する人も割といらっしゃいまね…表現は色々だと思うのですが、個人的な感覚だとハンドスピナーに近いものを感じます。

パワーボールとハンドグリップはどちらが良いと言うこともなく、理想は飽きが来ないように併用する事です。もちろん両方買って無駄になっても仕方が無いので、まずはどちらか一個というスタンスでももちろんOKです。

 

ダンベル系種目で握力強化。

ダンベルを使った種目も握力強化につながります。

そんな事を言うと「バーベルを使った種目でも握力は鍛えられる」という方もいると思いますし、それも真実なのですが、バーベル系の種目は一般的は高重量を扱い、握力の強化というレベルを超えた重量になってしまう事が多いです。

ですが、ダンベル系の種目はバーベルを使った種目に比べると重量も大分マイルドになりますし、片手でダンベルを握り、支えることからしっかりと握力を意識する事が出来ます。

要は100キロとかそういう重りで握力を鍛えても、それは負荷が高すぎてトレーニングにはならないけど、40キロ30キロという世界ならばしっかりと握力も意識して鍛える事が出来るでしょう、という事です。

もちろん、握力強化以外にもその種目のターゲットとなる筋肉がありますので、そちらの筋トレを主目的にすることを忘れないでくださいね。

デッドリフトで握力がもたない場合の対処法② 握力補助

デッドリフトで握力が持たない場合、握力を補助するアイテムを使うのが一番効率が良く手っ取り早いです。

握力を鍛えるという姿勢も大事ですが、最終的には握力を補助するアイテムを使いましょう。

まず、リストストラップは基本ですね。価格も手ごろで「引っ張る系」の種目の握力補助には欠かせません。筆者もデッドリフトの際はリストストラップを使用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールドジム リストストラップ ブラック
価格:1885円(税込、送料別) (2017/12/30時点)

 

 

パワーグリップもオススメです。リストストラップは巻くのに多少コツがいりますし、時間もかかります。パワーグリップは手にはめるだけなのでホント簡単で重宝しますね。

リストストラップは「引っ張る系」の種目だけにしか使えませんが、パワーグリップは「押す系」の種目にも使えます。手のたこの予防にもなりますので、その意味でもナイスなアイテムです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールドジム パワーグリッププロ ブラック M
価格:7527円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)

 

終わりに。

デッドリフトで握力がもたない場合の対処法として、握力強化する方法と握力補助するアイテムを使う方法について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

この他にもオルターネイトグリップを使うことで、多少は握力が持つようにはなります。

ですが、基本的にはデッドリフトで主に鍛える背中の筋肉に、小さい前腕部の筋肉がずっとついて行けるという事はありません。効果的な筋トレをする為にもなるべく早い段階で、リストストラップかパワーグリップを購入する事をオススメします。

田村カツオ田村カツオ

あー…

リストストラップ使うと握力がホント楽です!

中澤純中澤純

握力が心配なくなると本来効かせたい部分に集中出来ます。

こういうところで何千円か投資しておくとホント大きいですよ。