こんにちわ。キタエタイです。

今回は社会人の方が筋トレをしていくにあたってのメニューやスケジュールについて述べていきます。学生でも主婦でもそうかも知れませんが、社会人の方も時間がない、忙しいという方は多いと思います。

しかし、忙しくても無理のないスケジュールと効率的なメニューを組んでいくことで、時間があまりとれなくても身体を鍛える事は可能です。

仕事にも大きなプラスがあるのが筋トレですから、社会人の方にこそ、是非がんばって欲しいですね!

社会人は時間が無くても筋トレした方が良い!

社会人になると「時間がない」とヒイヒイ言っている人も多いとは思いますが、それでも忙しい中でスケジュール調整して筋トレをする事を強くオススメします。

いや、社会人こそ筋トレをするべきなのかも知れません。そう思わせる理由は主に下記のようなものがあります。


  1. 体力の低下を食い止める。
  2. 仕事に自信がつく。
  3. ストレス解消になる。
  4. スケジュール管理能力がUPする。

体力の低下を食い止める。

社会人というと大学をストレートで卒業した場合でも22歳、専門学校ならば20歳、高卒・中卒の方でも10代後半です。20歳を境に身体の体力はどんどん衰えていきます。

大卒ならば会社に入った時点で体力は下り坂のコースに入っていると認識してください。大卒でない場合もすぐに下り坂の入り口に入ってしまいます。人間はそのままでいると加齢により、体力をキープ出来ない生き物なのです。

忙しい社会人も筋トレをすべき理由。

ただし体力の低下と言っても、何も対策がとれない訳ではなく、筋トレをする事で体力の低下を防ぎ、向上させる事が出来る部分もあります。内蔵の機能などはある程度仕方ない部分もあるでしょうが、瞬発力、持久力など筋肉に関する部分は何歳になっても鍛える事が可能なのです。

そして、筋トレを始めるのであれば若いに超した事はありません。あまり年を取ってからの筋トレだと、そもそも筋トレをする前の「リハビリ」をする必要がある場合もありスムーズではありません。普通に動ける内に筋トレをする=社会人としてバリバリ働けている内に筋トレをするという事はとても重要なのです。

仕事に自信がつく。

筋トレをすると身体が強く大きくなります。それはあなたがスケジュール調整をしながら困難できついメニューを乗り越えた証という事です。

人間、困難な事を乗り越えて強くなると自分に自信がつきます。筋トレは仕事に直接関係ないかも知れませんが、筋トレを行い心と身体が強く健康になる事で仕事には大きなプラスとなります。

なんだか精神論のように聞こえてちょっと信用出来ない、という人は目を閉じて考えてみてください。

スーツの上からでも明らかに筋肉の強さがわかるビジネスパーソンが、おどおどしている姿を見たことがありますか?あまりないですよね?そして、大体の場合において自信がなさそうにしている人は身体が薄く、そして多くの場合不健康です。

あなたは仕事のパートナーとして前者と後者、どちらを選びたいですか?

ストレス解消になる。

筋トレはキツい運動でもあるので、やっている最中は良い意味でのストレスが身体にかかってくるのですが、筋トレが終わった後の爽快感・開放感は言葉に出来ません!

その瞬間には筋トレ中のストレスも普段のストレスも忘れてしまうくらいです。

また、仕事帰りのジムは良い気分転換になる事は言うまでもありません。仕事と家の往復ほど単調でストレスのたまるものはありませんからね。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

スケジュール管理能力がUPする。

社会人が忙しい中筋トレを行うとスケジュール管理能力が身につきます。これは間違いありません。

人はやるべきタスクがあるとそれに向かってスケジュール管理を行います。

家にいるとき「何時に出かけるから何時までにこれをやろう」という時は大体自分で決めた締め切りは守れる事が多いですよね。仕事でも例えば飲み会がある日は6時に切り上げる、という時はその時間に切り上げる事が出来ると思います。

これが何もないと、同じ時間を使うにしてもだらけてしまって時間を効率的に使えないのが人間というやつなのです。

筋トレを習慣化する事であなたのスケジュール管理能力は確実にUPするでしょう。

社会人の筋トレメニューとスケジュールについて!

社会人が筋トレを行う為には効率の良いスケジュール管理とメニューを選択する事が特に重要です。ここでは社会人が筋トレを行う時のメニューとスケジュールについて、それぞれ分けて説明していきます。

まずはメニューから説明していきますね(^_-)

社会人が行うべき筋トレメニュー。

社会人が行うべき筋トレメニューは、時間効率のよいメニューです。時間がたくさんある暇な人ならば、時間効率が良くなくても効果が高いメニューを選んでたっぷり筋トレするのでしょうが、忙しい社会人はそうはいきません。

また、あまり長く筋トレをやり過ぎて質の悪い疲れがたまっても仕方ないです。

時間効率が良く、幅広い筋肉を一度に鍛える事が出来るもの。その条件を満たしているのが、BIG3です。

BIG3とはベンチプレス、スクワット、デッドリフトの三つの種目の総称であり、一つの種目で複数の筋肉を鍛える事が出来ます。ですので時間効率が良い。

かつ、BIG3は全身の筋肉にまんべんなく刺激をいれる事が出来るので、バランスという意味でも非常に優れています。

社会人が筋トレをするならメニューはBIG3中心で行うべきでしょう。ただ、BIG3だけでは若干足りない部分もありますので、懸垂とアブローラーも取り入れるとさらに良いと思います。

基本的にはBIG3中心でメニューを組み、補助的にプラスアルファするにしてもアイソレーション種目(一つの種目で一つの筋肉を鍛えるメニュー)ではなく、コンパウンド種目(BIG3のように一つの種目で複数の筋肉を鍛えるメニュー)を選択するのが時間の無い社会人にもっともおすすめ出来ると思います。

(理想を言うのであれば、BIG3にアイソレーション種目も取り入れて少し鍛え方が足りないところをピンポイントで補ったりしてもいいのですが、とにかくタイムマネジメントが重要という事を考えるとまずはBIG3とコンパウンド種目ですね。)

社会人の筋トレスケジュール。

実は筋トレはいつやっても同じ効果が出るという訳ではありません。人間の身体の仕組みから考えて、筋トレを行うべき時間というものがあります。

例えば朝は身体がまだ起きていない段階ですから筋トレをするのはオススメ出来ません。

寝る前の筋トレも割けるべきです。身体が興奮し、寝付きが悪くなり疲労がとれにくいからです。

ご飯を食べた直後も筋トレは推奨されません。消化にエネルギーを使うべきタイミングで筋トレにエネルギーを使ってしまうと消化不良を起こしたり、吐いてしまう可能性もあるからです。

社会人の筋トレはスケジュールが大事!

では、いつ筋トレをおこなうべきか。答えは夕方です。なるべく筋トレは夕方に行うべきなのです。

ただし、社会人の場合、必ずしも夕方に筋トレが出来るかというと出来ない場合の方が多いと思います。そこで、少し工夫が必要になってくるのです。

 

筋トレに最適な時間である夕方には筋トレを開始できるように仕事のスケジュールを調整出来ればいいのですが、どうしてもそうはいかない場合は、筋トレ開始の2時間くらい前に軽めの夕食を食べてから筋トレに臨むか、筋トレが終わるまでご飯を食べないようにしましょう。こうする事で消化器系に負担をかけなくて済みます。

また寝る2時間前までには筋トレを行うスケジュールを組み立てましょう。夜12時に寝るとしたら10時までには筋トレを終わらせる、という事です。

このような時間のマネジメントを意識する事で、夕方に筋トレが出来ないまでも、それなりには身体のコンディションを整えて筋トレを行うことが出来ます。

このような調整を毎日行うのは大変かも知れませんが、前述したようなBIG3を中心としたメニューを行う場合、筋トレを行うのは2、3日に1回で大丈夫です。というか、筋トレと筋トレの間は48時間から72時間程度は空けないと筋肉の疲労が抜けず、疲れがたまっていってしまいます。

2、3日に1度、夕飯の時間と寝る時間を意識した筋トレを行う。スケジュール管理と言ってもそこまで極端に難しいものではないはずです。やれそうな気がしてきませんか?

終わりに。

社会人の筋トレについて適切なメニューやスケジュールについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

時間がない中でもメニューを工夫し、ちょっとだけスケジュール管理を頑張るだけで、自信と健康と強い肉体が手に入ります。

会社によくいるタイプの「ハゲててお腹が出てるおっさん」にならない為にもしっかりと筋トレしていきましょう!

田村カツオ田村カツオ

僕も会社に勤めていた頃は筋トレのジムではないけど、キックのジムに通って素晴らしいものを得ることが出来ました。

中澤純中澤純

会社と自宅の往復だと生き甲斐が見つけ出せないという人もいるかも知れません。

人生のおまけ程度の軽い気持ちでもかまわないので、まずはジムに行ってみましょう!

キタエ鯛キタエ鯛

まずは行動だね!

ワカメワカメ

ジムには可愛い子もいるのよ(^_-)