こんにちわ。キタエタイです。

今回は筋トレ後のビールについてです。筋トレをしたらお酒は飲まない方が良いと言われていますが「ビール一杯でも絶対ダメ!」というくらいの悪影響があるものなのでしょうか?ちょっと疑問ですよね?

ここではビールが筋トレに与える効果(影響)や筋トレとビールを飲む時間の関係などについて説明していきます。

筋トレとビール…なんとかバランスを保っていきたいものですね。

筋トレ後はビール一杯でもダメ?ビールが筋トレに与える効果とは?

ビール(アルコール)は確実に筋トレには悪影響。

まず、大前提として抑えておきたい「常識」なのですが、ビールに限らずアルコールは確実に筋肉には悪影響を与えるという事です。

具体的にどのような悪影響があるか、以下説明していきます。

テストステロンが減る。

筋トレにおいて最も大事とも言えるホルモンにテストステロン(testosterone)というものがあります。これは脂肪を減らし、骨と筋肉を強くする男性ホルモンです。(運動能力を高めるドーピングとして使われる事もあります。もちろん禁止行為ですが…)

アルコールを摂取すると、テストステロンの分泌量が減ってしまうのです。これは筋トレの効果を減退させるという事ですから、大きなマイナスですね…

コルチゾールが分泌される。

アルコールを過剰に摂取するとコルチゾールというホルモンが分泌されます。このコルチゾールは筋肉を分解して糖に変えてしまう効果があります。アルコール以外にも身体がストレスを感じた時や空腹状態の時に分泌されます。

ビールは筋トレ後にはあまり飲まない方が…

コルチゾールはエネルギー消費の大きい筋肉を分解してエネルギー源となる糖を作る働きをするので、ある意味では身体の燃費を良くして生命を維持しやすくするとも言えるのですが、筋トレ目線で見ると明らかにマイナス要因です。

アルコール筋症

過剰な飲酒はアルコール筋症を引きおこす事もあります。アルコール筋症とは、アルコールの摂取により筋肉の合成が遅くなり筋肉の分解が進んでしまうことで、筋繊維の部分的壊死や筋力の低下が起こるというものです。

お酒を過剰に飲んでも起こりますし、アルコールを分解する能力が低い人は少ない飲酒量でもアルコール筋症になり得ます。

筋トレ後にビール一杯くらいなら実は平気?

アルコールが筋肉に悪い影響を与えるのは確かなのですが、実は筋トレ後にビール一杯くらいならば飲んでも平気という研究データがあります。

筋トレ後にビール一杯程度のアルコールを摂取した位ではたんぱく質の合成に影響がなかったそうです。具体的には500ml以下のビールならば筋トレ後に飲んでも問題ないとは言われています。

ただし、これはあまり楽観的に捉えるべきではないとキタエタイは考えています。もし、お酒が弱く500mlどころか350mlでも潰れてしまうような人は、筋トレ後のビール一杯でも筋肉に重大なダメージを与えると考えるのが自然です。(「お酒に強い人ならば、500mlくらいまではまあそれほど大きなマイナスにはならない」くらいの感覚で捉えておいた方が良いでしょう。)

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

ビールが筋トレに与える効果(?)

ここまでビール(アルコール)の筋トレに対しての悪影響にばかりスポットライトを当ててきましたが、ビールの持つ筋トレへの良い意味での効果についても述べたいと思います。

それは「好きな人にとってはビールはストレス解消に役立ち、筋トレへのモチベーションが上がる」という事です。とても自然な考えだと思います。

筆者はビールを含むアルコール全般が苦手な為、あまり理解は出来ないのですが、お酒が好きな人は本当に好きです。筋トレの理屈抜きにして、風呂上がりのビールが生き甲斐ならばそれを無理に制限してもマイナスの方が大きいかも知れません。

ならば、ビールを餌にして筋トレを頑張るモチベーションにつなげる方が建設的だと思います。(ただし、アルコールを分解できる「お酒に強い人」限定の話ですが…)

小まとめ。

ここまでの結論をはっきりと述べておきたいと思います。

  1. ビール(アルコール)は確実に筋トレには悪影響を与える。
  2. ただし、量が少量(500ml以内)くらいならば筋肉に与える影響は無いという研究データもある。
  3. しかし、お酒が弱い人に対してもそのデータが正しくマッチするかは不明。
  4. モチベーションを上げるものとしてのビール(アルコール)のプラスの効果はあるだろう。

これらを踏まえると、筋トレ後にビール一杯でも飲むことはオススメは出来ない。が、飲む量に気をつければ悪影響もほぼないので、自分のストレスやモチベーションなどと相談してほどほどに飲むのがよい。

筋トレとビールを飲む時間について。

ビールが我慢できないのであれば、上記で結論づけたように、ほどほどに飲むのならば筋トレへの影響もあまりないと思われます。

後はビールを飲む時間に気をつけるべきでしょう。筋トレとビールを飲むタイミングについて述べていきます。

筋トレ前のビール。

筋トレ前にビールを飲むのは止めましょう!これはホントです。

まず、ビールには利尿作用がありビールを飲むことでオシッコが出やすくなります。=筋トレ前にビールを飲むとオシッコが出やすくなる。つまり、筋トレに集中できないし、水分不足になりやすいという事になります。

また、ビールを飲むことで多少でも酔っ払うと判断能力が落ちます。これは非常に危ない事で、ベンチプレスやスクワットで潰れるギリギリまで追いこんで筋トレする時に、正常な判断が出来ないのは時に命に関わります。

マナー違反という点でもダメですね。多くのジムでは「酔っている人はご利用をご遠慮下さい」と掲げているはずです。(酒臭い息のトレーニーがマシンを汚したら、嫌ですもんね。)

筋トレ後のビール。

筋トレ後のビールはほどほどにすれば、悪影響も少ないと述べましたが、少なくとも筋トレ後1時間以内はビールを飲むのを控えましょう。(飲まないのが一番ですが…)

筋トレ後の1時間は筋肉が一番つきやすいゴールデンタイムです。ビールを飲む代わりにプロテインを飲みましょう。ビールを飲むならせめてそれが終わってからにしましょう…!

 

終わりに。

ビールが筋肉に与える効果(影響)や筋トレとビールを飲む時間の関係などについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

アルコールやビールを全否定はしませんし、筋トレ後にそれらを飲んだところでそれほど大きなマイナスにならない場合の方が多いでしょう。たまには羽目を外した方が気持ちが良いのも事実です。

節度を持ってビールと付き合いながら、筋トレをしていきましょう!自分の努力をぶち壊すような飲酒はくれぐれも控えて下さいね。

田村カツオ田村カツオ

ヒック!

ヒック!

キタエ鯛キタエ鯛

ん?それって、まさかお酒飲んでる?

中澤純中澤純

「ヒック!」だなんて漫画に出てくる酔っ払いの台詞としては古典的過ぎですよ?

ワカメワカメ

やだー…

田村カツオ田村カツオ

ヒック!(しゃっくりです!…)