こんにちわ。キタエタイです。

今回は「疲れている時でもジムに行って筋トレすべきかどうか」についてです。筋トレをしていると必ずやってくる問題ですね(笑)

社会人でも学生でも主婦でも、筋トレをする時間になると疲れていて眠くてジムに行きたくない時が必ずあります。そんな時どうするべきか?ボディメイクにしろ、美容と健康にしろ、もっとも効果的な選択肢を選びたいものですが…

疲れている時でもジムで筋トレすべき?効果的にはどう?

疲労感がある時、筋トレをするかどうかはその時になると結構真剣に悩んでしまったりするものです。結論としては「やるか」「やらないか」の二択なのですが、何故か悩んでしまう…

そこでまず、疲れている時に「筋トレした場合」と「休む場合」に分けて、どのような状況になるか考えていきます。その上でキタエタイとしての結論を述べていくという形をここではとりたいと思います。

疲れている時にジムで筋トレすると…

まず、疲れている時にジムで筋トレをする事でどのような効果、デメリット、リスクなどがあるのかについて以下まとめていきたいと思います。


  1. スケジュールを守れたという充足感が得られる。
  2. 疲労がたまる可能性も。(その場合筋トレの効果は低い。)
  3. 意外と身体が動く可能性もある。

スケジュールを守れたという充足感が得られる。

疲れている時に筋トレをし終わった時に得られるものとしてはまず「充足感」ですね。スケジュールを守ることが出来たという安心感というか一種の自己満足は得る事が出来ます。

疲労している時にジムに行くと?

「自己満足」と表現すると「なめてんのか?」と思う人もいるかも知れませんが、この文明社会で筋肉を付けて細マッチョなりゴリマッチョになろうとする行為そのものが自己満足です。そして自己満足は悪いことではありません!人間にとって必要不可欠なものです。

筋トレは自己満足の繰り返しです。

  • スケジュールを守れた。
  • 苦しいけどあと1セット出来た。
  • MAX重量を更新した。
  • 僧帽筋が大きく見えるようになった。
  • etc…

「疲れている時にジムで筋トレが出来た!俺って根性ある!」と感じる事はモチベーションを保つ上でも良いことですし、実際そういう風に真面目に筋トレと向き合える人こそ結果が出やすいのは確かです。

疲労がたまる可能性も。(その場合筋トレの効果は低い。)

疲れている時にジムに行くと、さらに疲れてしまう事があります。筋トレをしている最中も疲労感を感じ、ジムから家に帰るとさらにどっと疲れる。

これは途中で切り上げて家に帰って休んだ方が良いパターンです。こんな時に筋トレしても効果は出ません。自己満足以前に、身体が悲鳴を上げています。

筋トレには確かに根性も一部必要ですが、基本的には理屈にしたがって合理的に身体を作っていくものなので、疲労がたまりすぎている場合はしっかり休みましょう。

意外と身体が動く可能性もある。

疲れている時にジムに行っても意外と身体が動く時があります。

実は身体は疲れていないけれども、気持ちが筋トレに対して上向きではなく、精神的に疲れている時ですね。こういう時は前述しましたが、自己満足の為に筋トレをしていいと思います。

身体を動かしていると自然と気持ちも上向きになって、ストレスも解消されていきます。身体が温まると血行が良くなり疲労物質の流れも良くなります。

疲れている時にジムに行けたという事実はある意味では自信にもなるはずです。

疲れている時に筋トレを休んでしまうと…

疲れている時に筋トレを休んでしまうと次のような事態になります。

罪悪感を感じてしまう。

疲れている時に筋トレを休む場合のデメリットは罪悪感を感じてしまうという事です。特に真面目なタイプには多いですね。

決めたスケジュール通りのトレーニングがこなせないと精神的にはストレスは感じるものです。

ただし、筋トレを多少休んだ位ではマイナスはあまりないので、気にせず切り替えていく事が大事ですね。

疲労が回復する。

当然ですが筋トレを休むと疲労が回復します。まあ、ジムにいかずに家で遅くまで起きていたりしては回復するはずの疲労も回復しませんが、基本的にはジムに行かなければ筋トレをしないので筋肉に休まる時間が与えられます。

普段筋トレを頑張りすぎている人には、たまにはジムに行かないのも良いことかも知れません。ましてや疲れていると感じているのであればなおさらですね。

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

結論

以上、疲れている時に筋トレしにジムに行くべきか行かないべきかを判断する為の材料を挙げてきました。

最終的な判断は自分で行うしかないのですが、キタエタイとして推奨する姿勢としては以下のようなものです。

筋肉痛が強く残っている、強い倦怠感がある等、相当に強い疲労感がある場合で無い限り、筋トレしにジムには行くべきです。自分で決めたサイクルは守るべきだからです。

ただし、厳密にスケジュールを守り続けるのも精神的負担も大きいので、疲れている時には2回に1回は休んでもOKだが1回は必ずジムに行く、のようなマイルールを設定するべきです。

そうすることで上手く、バランスをとって無理なく、長く筋トレを続けていく事が重要です。

終わりに。

疲れている時でもジムに筋トレしに行くべきかどうかについて語ってきましたがいかがでしたでしょうか?

正直、ここには絶対的な正解はないと思います。筋トレした方が良いかもしれないし、休んだ方が良いかも知れない。

しかし、そんな事で悩む事の方がもったいないです。だったら最初から「疲れている時はどうするか」というルールを作ってそれに従うのがいいと思います。そしてそういうマイルールを守れる人が最後に勝つのが筋トレなのです。

田村カツオ田村カツオ

よし!

じゃあ僕は疲れている時に筋トレしない事にするよ!

キタエ鯛キタエ鯛

(というか、すでにそうしてるじゃん…)

中澤純中澤純

言ってることは正論なんですが、これまでの行いと重ねて考えると…(笑)