こんにちわ。田村カツオです。

今回は僕のスーツにまつわる体験談をお話したいと思います。

筋トレをするとスーツがきつくなります。きついスーツだと本当に大変なのでサイズを変えたいという人は多いと思いますが、その時の注意点などについて述べていきたいというのが趣旨です。

何というか…筋トレでスーツが似合う身体になれるのはいいのですが、意外なところで出費があってびっくりしています(笑)

筋トレした結果、スーツがきついのでサイズを変える事に!

筋トレしたら体重が10キロ増えました。

僕、田村カツオが筋トレを本格的に始めたのは2017年1月29日の事です。

何を思ったのか突如「筋トレして細マッチョになりたい!」と思いジムに通い始めました。ちなみに下の記事で当時の事を語っているのでよろしければどうぞ(^_-)

 

僕の言う細マッチョとはこういう感じのボディ(下の画像参照の事。)

筋トレをして細マッチョになりたかった。

もちろん僕にはこんなに筋肉はないので、まずは筋肉をガンガン付ける事になりました。筋肉を付ける為には筋肉と同時に脂肪もつけなければなりません。

筋トレを頑張りながらも、ガンガン食って食って食いまくってこんな感じの身体になりました。(下の画像参照の事。)

カツオ、太る。

相当太ってますよね(汗)特にお腹周りはかなりの肉厚です(笑)多分、脂肪の下に増えた筋肉は隠れている…と信じたいです。

まだまだ身体は大きくするつもりなのですが、ここで問題が起きました。筋トレして食いまくってたら体重が10キロ以上増えてしまったのです(笑)体重が68キロから79キロへ…

スーツがきついのでサイズを変える事に。

体重が10キロ増えるとスーツのサイズを変えなくては間違いなく支障が出るレベルです。個人的には人生でここまでスーツがきついと思った事はないくらいきつくなります。

例えばTシャツなら体重が10キロ増えてもそのままのサイズで対応は可能です。僕の場合、今まではずっとMサイズのTシャツを着ていたのですが、10キロ増量してもMサイズだと「ちょっぴり体格が良いのをアピールしてる感が強くなる(笑)」くらいで、着ること自体は出来ましたので。

ただ、スーツにはTシャツほどの伸縮性はありません。もうスーツがぱっつんぱっつんで今にも弾けそうでした(笑)特にスクワットをしてると、太もものあたりがやばいですね…ズボンのポケットにスマホや財布を入れる事が出来なくなります(笑)

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

筋トレでスーツのサイズを変える事になった場合のポイント。

結局、僕は結局新しいサイズのスーツを買いました。そして、買ってからちょっと後悔する部分もありました…

ということで、筋トレをしていてスーツがきつくなり、サイズを変えるために買い換える場合のポイントを書いていこうと思います。僕が思うポイントは主に以下の4つです。


  1. ある程度使い捨ての感覚を持つことも大事。
  2. とりあえず1着か2着買えばOK。
  3. スーツのズボンをいくつか用意する。
  4. ゆったりとしたものを買おう。

ある程度使い捨ての感覚を持つことも大事。

スーツを着た男性

筋トレをすると体型が変わります。増量期には身体が膨らみ体重が増えます。減量期はスリムになります。その繰り返しで身体が大きくなっていきます。

もちろん身体が大きくなる限界というのもありますし、どこまでやるかにもよりますが、基本的に筋トレをしている以上、スーツは買い換えるんだ…という覚悟は必要です。

スーツは伸縮性のあるものではありません。身体が大きくなったらスーツが破ける前に買い換えるのです。

その意味で筋トレをしていて身体が大きくなっている時期に買うスーツは、あまり良いものを買っても仕方ないと個人的には思います。

とりあえず1着か2着買えばOK。

筋トレしている時はどんどん身体が変わり、スーツを買い換えざるを得ないのですから、あまり沢山のスーツを買う必要はありません。

とりあえず1着買えば良い人もいるでしょうし、2着買うと2着目の割引が多い量販店なんかもありますので2着買っても良いと思います。

まあ、ここは職業柄にもよるでしょうね。銀行員の方と自営業の方ではスーツを着る頻度も大分違ってくると思いますしね。

スーツのズボンを2つ用意する。

スーツのジャケットは一つだけ買い、ズボンを2つ買うというのは結構使えるテクニックです。スーツのズボンが2つあれば

  1. ジャケット着る日
  2. セーター1を着る日
  3. セーター2を着る日
  4. ・・・

という様に結構バリエーションが作れます。結局スーツなんてものはジャケットはあまり着ないで、ズボンは結構な頻度で履くというスパイラルに陥りますので、ズボンを予め2つ用意しておいて、上着の着方のバリエーションを豊富にする事でジャケットが1つしかなくても乗り切れるっていうのはありますね。

筋トレでスーツを買い換えるのは仕方ないのですが、なるべく無駄を作らない工夫は大事です。

ゆったりとしたものを買おう。

スーツにはスリムタイプのものからゆったりタイプのものまで幅広くあります。

筋トレをしている時はスリムタイプのものは購入すべきではないです。スリムタイプはちょっとでも身体が大きくなるとすぐに着られなくなってしまうからです。

逆にゆったりとしたタイプは身体が大きくたくましくなっても、ある程度は許容できるキャパシティがあるので、筋トレを理由にスーツを買い換える場合はおすすめです。

サイズも大事だけど、似合うかどうかも大事。

筋トレでスーツのサイズを変える時でも「似合う」にはこだわろう。

最後に筋トレで身体が大きくなってスーツがきつくなり、サイズを大きくする時に僕が一番大事だと思う事を述べておきます。

それは似合うか似合わないか、という事です。サイズも重要なのですが、一番は似合うか似合わないか、です。

筋トレをして身体がどんどん成長している時は相当強気になって結構スーツのデザインも冒険しがちです。しかし、筋トレをしても元々の骨格や身長、顔の造り、瞳の色、髪質などは変わりません。必然的に「似合うスーツ」「似合わないスーツ」が出てきます。

スーツはビシッと決める時に着る服ですから、サイズが合っているのは大前提なのですが、デザイン的に自分に合っているかどうかも同じくらい大事です。

ゴリマッチョの人が就活生みたいなスーツを着ていたらちょっと嫌ですよね?シュッとしたタイプの人がギラギラしたスーツを着ていたら「ホスト?」と思われるかも?(ホストを否定する訳ではないですよ(汗))

筋トレでスーツを買い換える時は、色々条件もあるので自分に似合うスーツが中々見つからない時もありますが、後悔しないように自分に似合うスーツにはこだわるべきでしょう。

終わりに。

筋トレでスーツがきついと感じるようになった時の買い換えのポイントについて述べてきました。

きついスーツは身体にも良くないし、ストレスがたまります。しかし、筋トレで身体が大きくなりスーツのサイズをワンランク上げるという事は進化の証なので、あまり小さいスーツで粘ったりせず、自分の身体に合うものにどんどん換えていきましょう!

後、スーツのサイズもそうなんですが「似合うか似合わないか」も重要ですよ(^_-)!