こんにちわ。キタエタイです。

今回は右ミドルキックの蹴り方やコツ、フォーム、当てる場所などについて解説していきたいと思います。

右ミドルキックは(オーソドックススタイルなら)スイッチせず蹴れるので、初心者にも蹴りやすく、多くの人が最初に覚えるキックでしょう。

試合などでは相手にダメージを与えたり、次の攻撃につなげたりと様々な使い方がありますし、ダイエットやエクササイズとしては身体の多くの関節と筋肉が連動するので身体を絞るという意味でも効果的です。

まずは右ミドルキックをマスターしていきましょう!

右ミドルキックの蹴り方をK 1ファイターの中澤純が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではK-1ファイターの中澤純氏が右ミドルキックの蹴り方を解説しています。現役トップアスリートによる解説です!是非ご覧になってみて下さいね!

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

右ミドルキックの蹴り方やコツ、フォームについて。

右ミドルキックの蹴り方・フォームを画像で解説!

①力を抜いて構えた状態からスタート。力が入りすぎていると身体が上手く連動しないので必要以上に力まない事。

右ミドルキックの蹴り方・フォーム


②左足を左斜め前に踏み込も、右手を上に振り上げ、左手を下げる。左足はつま先立ちになり、回転の中心軸となる。身体が回り始める。

骨盤を回し、骨盤→太もも→膝→脛→足の甲、と身体の中心部分が先に回り始めるイメージを持つと「腰が入った」蹴りになる。脛や足の甲を先に動かして蹴ってしまうと「腰が入っていない」蹴りになってしまい、威力も落ちるしちょっとかっこ悪い。

右ミドルキックの蹴り方・フォーム


③右手を振り下げ、左手を上げた反動を使って蹴る!

右ミドルキックの蹴り方・フォーム

右ミドルキックのコツについて。

右ミドルキックのコツは主なものとしては以下のようなものがあります。

  1. 「腰を入れて」蹴る。
  2. 左斜め前に踏み込む。
  3. 「蹴りの距離」で打つ。

「腰を入れて」蹴る。

右ミドルキックのコツとして「腰を入れる」という事がよく言われます。

前述しましたが、これはテキストで書くとすれば骨盤を回し、骨盤→太もも→膝→脛→足の甲、と身体の中心部分が先に回り始めるという事です。腰が入っていないミドルキックというのは脛や足の甲の方が先に回り始めてしまっているものです。

「腰を入れて」ミドルキックを蹴ると腹筋を十分に使う事が出来ます。というか、そもそも基本的に人間の動作というものは体幹に近い側から発生し末端に連動していくのが自然です。その自然な動きを右ミドルキックで行うのが「腰を入れる」という事なのです。

対人実践的な面で言うと、腰の入っていない右ミドルキックは横からの動きになりやすく、相手に読まれやすく、場合によっては相手の肘などに脛や足の甲が当たりやすいです。

右ミドルキックのコツ

腰を入れて蹴るミドルキックの軌道は斜め下からの軌道になります。こちらの方が相手に与えるダメージが大きく実践的です。

左斜め前に踏み込む。

右ミドルキックの最大のデメリットは「パンチを合わせられやすい」という事です。

少しでもスパーリングや試合経験があるとイメージしやすいと思うのですが、相手が右ミドルキックを蹴ってくるタイミングでパンチを合わせるのはお馴染みのパターンです。特に右ストレートは合わせやすい。

右ミドルキックを蹴る側としては、パンチを合わせられるのを防ぐ為に身体の左斜め前に踏み込むのがポイントです。そのまま前に踏み込むと右ストレートが当たってしまいますが、蹴る側が左斜め前に踏み込むと右ストレートが当たりにくいです。

これは右ミドルキックを蹴る上での大きなポイント、コツとなります。

「蹴りの距離」で打つ。

右ミドルキックはパンチを合わせられやすいと前段で述べましたが、パンチを合わせられない為には、相手との距離を調整する事が重要です。

要は近い距離(パンチが届く距離)で右ミドルキックを打つのではなく、蹴りの距離(パンチは届かないがミドルキックは届く距離)で右ミドルキックを打つのが実践では重要となってきます。

この距離感というのはミドルキックだけでなく格闘技全般のコツとも言えるでしょう。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

右ミドルキックの当てる場所について。

右ミドルキックの当てる場所についてですが、

  1. 自分の脚のどの部分を相手に当てるか。
  2. 相手の身体のどの部分に当てるか。

の二つの方向から理解しておく事が重要です。

まず、右ミドルキックで「自分の脚のどの部分を相手に当てるか」ですが、これは自分の脚の脛を当てます。

右ミドルキックの当てる場所

脛の中でも膝に近い部分ならば、近いほど相手は痛いです。

脛は弁慶の泣き所と言うし、自分も痛いんじゃないか?と思うかも知れませんが意外と平気です。普段からサンドバッグを蹴っていると脛は硬く強くなります。それに加えスパーリングや試合ではアドレナリンが分泌され、痛みを感じにくくなります。(特に試合中は全然痛くありません。)

たまに動画などでキックでバットを折っている人を見ると思うのですが、人間の脛はあそこまで硬くなるという事ですね。

ただし、自分の脛を当てる場所とした場合、相手との距離が近くなりがちなのでパンチには注意します。

 

また、右ミドルキックを「相手の身体のどの部分に当てるか」ですが、主には腕や胴体(お腹)を狙って当てていきます。相手の肘に当たると自分の脛が痛いので注意しましょう。

 

終わりに。

右ミドルキックの蹴り方やコツ、フォーム、当てる場所について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

試合に出る人ならもちろん抑えておきたい事を説明しましたし、試合に出ないキックボクササイズなどを主な目的としている人でも、参考になる部分はあったかと思います。試合に出ないとしても、試合で使えるテクニックを知っておくことは試合観戦の時に役立ちますし、フォームにも良い影響を与える事でしょう。

是非、右ミドルキックをマスターしていきましょうね!

中澤純中澤純

さて、ミドルキックの蹴り方が分かったところでカツオさんとスパーリングでもしましょうかね。

田村カツオ田村カツオ

あ…お腹が…

いてて…!

今日は突然の体調不良により無理です!

キタエ鯛キタエ鯛

(カツオ君の気持ちは分かる…)