こんにちわ。キタエタイです。

今回は左ミドルキックの蹴り方やフォーム、スイッチのコツ、当てる場所などについて解説していきます。

左ミドルキックは(オーソドックススタイルの場合は)初心者はスイッチしてから蹴る必要があり苦手とする人が多いですが、慣れれば右ミドルキックより蹴りやすいですし、有効です。

ダイエットやキックボクササイズという観点から見ても、右ミドルキックだけ蹴っていたのでは明らかに身体のバランスが崩れます。バランス良く左右両方のミドルを蹴るのは重要です。

左ミドルキックは必ず抑えておきたいところですね!

左ミドルキックの蹴り方やコツをK 1ファイターの中澤純氏が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではK-1ファイターの中澤純氏が左ミドルキックの蹴り方を解説しています。現役トップアスリートによる解説です!是非ご覧になってみて下さいね!

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

左ミドルキックの蹴り方やフォーム、コツについて解説。

左ミドルキックの蹴り方・フォームを画像で解説!

①力を抜いて構えた状態からスタート。力が入りすぎていると身体が上手く連動しないので必要以上に力まない事。右ミドルキックもそうなのだが、左ミドルキックは力んでしまうと右ミドルキック以上に上手くいかない。

左ミドルキックの蹴り方やフォーム、コツ


②素早くスイッチして左足を後ろに、右足を前に持ってくる。左手は上に振り上げる。

左ミドルキックの蹴り方やフォーム、コツ


③左手を振り下ろし、軸足を中心に腰を入れて、腰からつま先まで順番に連動する様に蹴る。軸足はつま先立ち。

左ミドルキックの蹴り方やフォーム、コツ


左ミドルキックは相手のパンチと非常に相性が良いです。それは

  • 相手のパンチよりリーチが長い。
  • 相手が右ストレートを打ってきた時に肝臓に打撃を与える事が出来る。

と言ったような理由からです。

右ミドルキックの場合は自分の右ミドルに合わせて、相手にパンチを合わせられる可能性が高いので踏み込みは斜め左前にというのが定石ですが、左ミドルの場合は踏み込みの角度はそれ程は気にしません。パンチを合わせられるリスクが少ない為です。(もちろん、左ミドルキックを蹴る時に右斜め前にスイッチして打つ場合もあります。)

左ミドルキックのコツについて。スイッチについても。

左ミドルキックのコツは主なものとしては以下のようなものがあります。

  1. 「腰を入れて」蹴る。
  2. 力を抜く。力まない。
  3. スイッチを素早く。

「腰を入れて」蹴る。

右ミドルキックと同様に左ミドルキックも腰を入れて蹴ります。骨盤を回し骨盤→太もも→膝→脛→足の甲、と身体の中心部分が先に回り始めるという事です。

腰を入れて蹴る事で腹筋の力を蹴りに使えますし、そもそも人間の身体の動作というのは体幹から発生し末端に連動していくのが自然です。体幹→末端の動きをミドルキックでもやろう!という事です。

腰が入っていない蹴りはいわゆる「へっぴり腰」のような蹴りになって不格好です。

これはテキストで説明するのには限界がありますので、是非動画を見てみて下さい。

力を抜く。力まない。

左ミドルキック(だけではないですが)は力まずに力を抜くことが重要コツとなってきます。大半の人は利き足が右の場合が多く、左足で蹴る事が苦手です。ですので、力が入りにくくて余計に力んでしまいます。

ここで認識を変えて貰いたいのですが「蹴りの威力を出す」というのと「力む」というのは必ずしも両立しません。力まなくても強い蹴りは打てるという感覚をまずは持つべきです。

力を抜いて、体幹の回転から発生した力を骨盤→太もも→膝→脛→足の先という感じで上手く連動させる事が出来れば、力まなくても強い蹴りが蹴れます。イメージとしては鞭の様な感じです。

左ミドルキックのコツは力を抜くこと。

人間は試合やスパーリングなどで興奮するとついつい力を抜くという事を忘れてしまいますので、左ミドルキックに限らず普段から意識していきましょう。

スイッチを素早く。

左ミドルキックのコツというか最大のポイントは「スイッチ」でしょう。初心者にとってはスイッチがある事で左ミドルキックが難しく感じられてしまうと思います。

スイッチについてはもう慣れしかありません。沢山サンドバッグ、ミット、スパーで左ミドルキックを使っていくのが上達への近道です。

スイッチのコツとしては「広くスイッチしすぎない」という事です。大きく足を前後に開かないという事です。動画を見て貰うと分かると思うのですが中澤純氏はスイッチする時、コンパクトに動作しています。だからこそ素早くスイッチが出来、蹴りの発生までスムーズにつなげる事が出来ているのです。

初心者はついつい足を大きく前後に開いてスイッチしてしまいます。左ミドルキックは大きくスイッチする必要はありませんので、コンパクトなスイッチを心がけましょう。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

左ミドルキックの当てる場所について。

左ミドルキックも右ミドルキックと同じように、自分の脚の脛を相手に当てていきます。足の甲を当ててしまうと怪我をしてしまうリスクが高まりますので注意しましょう。

左ミドルキックの当てる場所

脛は弁慶の泣き所と言われ、相手に当てると自分が痛そうですが普段からサンドバッグを蹴っていると固くなりあまり痛くないのです。人間の適応力って凄いですね。

 

自分の左ミドルキックを相手の身体のどこに当てるかについてですが、狙うべきはレバー、肝臓です。

左ミドルキックを当てる場所

肝臓は人体急所の一つで、左ミドルキックがまともに入ると相手は悶絶して倒れます。これは本当にそうです。経験がある人なら分かると思いますが、気合いで我慢できるレベルではありません。やばいです。

右ミドルキックでは方向的に肝臓に打撃を与えることが出来ません。肝臓を狙えるというのは左ミドルキックの大きなアドバンテージですね。

肝臓を狙わない場合は相手の腕を狙っていきます。(ただし、レガースを付けているアマチュアの場合は腕を狙ってもそれほど効果的ではありませんが…)

 

終わりに。

左ミドルキックの蹴り方やフォーム、スイッチのコツ、当てる場所などについて解説して来ましたがいかがでしたでしょうか?

左ミドルキックは慣れてしまうととても使いやすく、相手への効果も抜群です。左前蹴り等と織り交ぜる事でフェイントにもなります。とても有用性が高いものなので、是非マスターしておきましょうね!

田村カツオ田村カツオ

中澤純代表とスパーリングを初めてした時、一番最初にもらった攻撃が左ミドルキックでした…

思い出すだけで震えます…

中澤純中澤純

そうでしたっけ?(笑)

まあ、でも「愛の鞭」として受け取って下さいね(^_-)