こんにちわ。キタエタイです。

今回はテニスのマクラクラン勉選手についてです。マクラクラン勉選手はサーブが強力で筋肉も結構凄いです。身長も高いし、何より若い!2018年全豪オープン男子ダブルスでも大活躍しています!

ニュージーランドとのハーフであり、結構日本語は苦手みたいですがそういうところもチャーミングですね(^_-)

という事でマクラクラン勉選手について迫っていきます!

マクラクラン勉(テニス)の筋肉やサーブが凄い!

マクラクラン勉選手 プロフィール

まずマクラクラン勉選手のプロフィールについて簡単にまとめておきますね。台頭してきたのはまだ最近なので、ご存じない方の為に念の為…

マクラクラン勉(まくらくらん べん)

生年月日:1992年5月10日生まれ 25歳(2018年1月現在)

身長:185センチ

体重:79キロ

利き手:右利き

バックハンド:片手打ち

得意ショット:サーブ

国籍:2017年までニュージーランド。2017年6月に日本へ変更。

父がニュージーランド人、母が日本人のハーフ。

 

マクラクラン勉選手の顔はこんな感じです。イケメン!

でも思いっきり外国人的なお顔ですね。ただし、前述したようにマクラクラン勉選手は母親が日本人の方なので半分は日本人ですね。半分はニュージーランドのハーフです。

日本の男子テニス界は錦織圭選手だけじゃないんですね。杉田祐一選手も西岡良仁選手もマクラクラン勉選手もいる。錦織圭選手は現在怪我で休んでいますが、結構黄金期ですね。

マクラクラン勉(テニス)のサーブが凄い!

まず、マクラクラン勉選手をテニス目線で見た時、一番目を引くのがサーブですね。185センチって実はトッププロの中では別にそんなには高くない。割と平均的な身長なんですが、得意なショットとマクラクラン勉選手が自負しているようにかなりの威力です。

回転量、スピード…申し分ありません。ダブルスで活きますね!

この動画はマクラクラン勉選手のサーブから始まっています。威力はかなりありますね…動画だと切迫感がなくなりガチなのですが、それでも分かる人には分かる破壊力です。

マクラクラン勉選手のサーブ、普通に217キロとか出てましたからね…十分にBIGサーバーと呼べるレベルです。ちなみに200キロを超えるサーブはアマチュアなら反応する事すら難しいレベルです。受けてみないと分かりませんけどね。

元々サーブが得意で、チームプレイが好きである事からダブルス専門で現在は戦っています。

 

マクラクラン勉選手はまあハーフなのですが、日本人としてはかなりのビッグサーバーですね。今まで日本人のビッグサーバーと言えば伊藤竜馬選手でしたが、最近はあまり大きな舞台では見かけなくなりました。

またマクラクラン勉選手はサーブだけの選手ではありません。目立つのはネットプレーでのアグレッシブさですね。ダブルス、特に男子ダブルスはネットプレーで攻めないと絶対に勝つことが出来ません。

アマチュアならまだしも、プロの世界では絶対です。そのネットプレーの攻撃力とサーブ力で2017年楽天ジャパンオープンを制しています。その時ペアを組んでいた内山靖崇選手との相性も良さそうでしたね。

内山靖崇選手は何でも出来るオールラウンダーとして有名ですし、マクラクラン勉選手もそのプレーの幅を評価しています。2018年全豪オープンではダブルスはマクラクラン勉選手は別の選手と組んでいますが、今後内山・マクラクランの日本人組の活躍が楽しみです!

マクラクラン勉(テニス)の筋肉が凄い!

マクラクラン勉選手ですが、トップアスリートだけあって良い筋肉をしています。

 

Thanks to @solinco for the continued support! #kyotochallenger

Ben Mclachlanさん(@benmclaaaach)がシェアした投稿 –

ボディビルダーのような筋肉ではないですが、首とかかなり太いですよね。上腕二頭筋、上腕三頭筋も相当ですよ、これは。

 

ゴルフのスイングをするマクラクラン勉選手です。大胸筋もかなり凄いですね。

 

ちなみにマクラクラン勉選手はビッグサーバーですので、サーブに関わる筋肉は特に発達していると考えられます。

テニスのサーブでは大腿四頭筋、ヒラメ筋、大臀筋、脊柱起立筋、上腕三頭筋、肩周りの筋肉など全身の筋肉が使われます。スクワットやベンチプレス、アブローラーなどをしておくとテニスのサーブに関係する筋肉が幅広く鍛えられますね!

マクラクラン勉(テニス)ってハーフで日本語苦手そうだが…

ちなみにハーフの人って「日本語話せるの?」って結構話題になります。

 

同じテニスでは大坂なおみ選手もハーフなので日本語話せるかどうかが話題になりました。大坂なおみ選手は英語の方が日本語より上手く、日本語はちょっと片言でしたね。

マクラクラン勉選手の日本語についてですが、大坂なおみ選手同様、そんなに上手くはないです。意味は伝わりますけど片言って感じですね。第一言語は英語みたいです。

マクラクラン勉選手の英語のインタビュー動画です。流ちょうな英語で格好いい!

終わりに。

テニスのマクラクラン勉選手についてサーブや筋肉目線で語ってきました。日本語はあまり上手くはないですが、国籍を日本に変えている訳ですし、ハーフで半分は日本人なので、今後上達する可能性もありますね!

日本男子テニスはダブルスでATPツアーを勝つ選手がいなかったので、ダブルス専門で活動するマクラクラン勉選手は貴重な存在です。

これからも頑張って欲しいですね!