こんにちわ。キタエタイです。

今回は飛び膝蹴りのやり方やコツについて説明していきます。飛び膝蹴りは派手な技で中々試合で使うのは勇気が要りますが、威力はありますし思い切ってやってみると意外と当たったりするものです。

試合で使うまでには至らなくても、キックボクシングをやるのならば一通りの動きくらいは知っておきたいですよね!特に男性はそういう傾向があります(笑)

K-1ファイターが教える飛び膝蹴りです。是非やってみて下さいね(^_-)(もちろん、練習や試合以外では禁止ですよ(笑))

飛び膝蹴りのやり方をK 1ファイターの中澤純が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではK-1ファイターの中澤純氏が飛び膝蹴りのやり方を動画で説明しています。現役のトップファイターのレッスンを無料で見れるって凄くないですか?是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

飛び膝蹴りのやり方やコツを解説!

右飛び膝蹴りのやり方やコツを解説。

①構えた状態。

右飛び膝蹴りのやり方とコツ。


②膝を曲げてジャンプする力を貯める。ただし、大きくかがみすぎるとモーションが大きくなり相手にバレバレになるので注意。

右飛び膝蹴りのやり方やコツ。


③ジャンプすると同時に右膝を蹴り上げる。試合などでは相手の腹や顔をめがけて放つ。

右飛び膝蹴りのやり方やコツ。


右飛び膝蹴りを打つ時の注意点ですが、右飛び膝蹴りは動きがシンプルなので簡単そうに見えますが、実は結構難しいです。

基本的はジャンプした時点で身体の動きは決まります。空中で人間は起用に動く事は出来ません。右膝を突き上げ、腰の右側を前に出し、左側を後ろに引くことが出来るようにジャンプします。(空中に入ってからそのような動作は出来ないので…)

右腕はジャンプするとほぼ同時に上から下に振り下ろします。こうする事でその反動を右膝に伝える事が出来ます。

動き自体はシンプルなので動画を見ながら何回も練習してみて下さい。

二段飛び膝蹴り(左)のやり方やコツを解説。

①構えた状態。

二段飛び膝蹴りのやり方やコツ。


②右足で地面を蹴って右膝が高く上がる感じでジャンプ。左腕は自然と上に上がる。

二段飛び膝蹴りのやり方やコツ。


③右膝を振り落とし、左腕も振り下ろし、左膝を突き上げて蹴る!

二段飛び膝蹴りのやり方やコツ。


二段飛び膝蹴りは意外な事に、先ほど紹介した右飛び膝蹴りに比べると難易度は低いです。右膝を振り下ろす反動を使って左膝を突き上げる感覚は初心者でもつかみやすいです。

ただし、ダイナミックな技であり、慣れていないと中々出来ないのは同様です。テキストによる説明だと限界があるので是非動画を見てみて下さい。

飛び膝蹴りは試合でも使えるし威力も高い!

正直な話、アマチュアレベルでは飛び膝蹴りを試合で使う人はほとんどいません。多くの場合、パンチの打ち合いになってしまいます。

経験が少ないアマチュア選手ならばホントにパンチしか打ちません。ですが、キックや膝蹴り等、技のバリエーションがあれば相手にかなりヒットしやすいのも事実です。

また飛び膝蹴りが相手にヒットすれば、不意を突く形になるので威力も相当です。

トッププロのレベルの試合でも飛び膝蹴りでKOは時々見かけると思います。パンチやキックに比べて飛び膝蹴りを繰り出す回数は圧倒的に少ないはず。その割には飛び膝蹴りはKOやダウンを取る可能性が高いのです。

それは飛び膝蹴りの威力を物語っていると言えます。

飛び膝蹴りは使いどころを選びますし、試合で繰り出すには勇気がいるものですが、多くのトッププロが使用している事から分かるように非常に有効な攻撃なのです。

 

また、試合で使わないまでも動きだけでも理解しておくことで妙な満足感は得ることが出来ます(笑)これは邪道な考えではありますが…

終わりに。

飛び膝蹴りのやり方やコツについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

試合でも使えるのが理想ですが、難しいという場合は練習から徐々に試してみて下さい。攻撃のバリエーションが増える事は非常に良いことです。派手な攻撃は審判の印象も良くなるものです。

ただし、飛び膝蹴りはあくまでも応用技であり、ジャブやワンツー、ミドルキックやローキック、ブロックやガードと言った基礎がある程度以上出来ていないのに手を出すのは少し違いますので、そのあたりは考えながら練習してみましょう!

中澤純中澤純

僕も試合で飛び膝蹴りは繰り出しますね。

田村カツオ田村カツオ

そんなの食らったら一撃で昇天できる自信が…(震え声)