こんにちわ。キタエタイです。

今回はローキックの蹴り方についてです。ローキックと言っても蹴る場所によって少し違いが出てきますが、ここでは最も基本的な「一撃で効く重いローキック」の蹴り方やコツ、効果などについて解説していきます。

ローキックは試合を組み立てる上でも非常に重要なので必ず抑えておきましょう!

ローキックの蹴り方やコツをK 1ファイターの中澤純が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルでは現役K-1ファイターの中澤純氏がローキックの蹴り方について解説しています。トップファイターのローキックを動画で見て学びましょう!

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

ローキックの蹴り方や蹴る場所、コツ等を解説!重い一撃を!

ローキックの蹴り方を解説。

①力を適度に抜いた状態で構える。

ローキックの蹴り方1


②左斜め前に踏み込み(この時左足は床にべったりついた状態)、ほぼ同時に右手を振り上げる。

右手を振り下ろし、右足で横から相手の太ももの付け根を狙うイメージで蹴る。

ローキックの蹴り方2

ローキックのコツを解説。

ローキックのコツについてですが、主に以下のようなポイントが挙げられます。

  1. 距離感を大事にする。
  2. 腰を入れて蹴る。
  3. 左斜め前に踏み込む。
  4. 踏み込む足はべた足になる。
  5. 相手のパンチに注意する。

距離感を大事にする。

格闘技全てにおいてそうなのですが、ローキックを蹴る時も距離感は非常に大事です。

ここでお伝えしているローキックは重く、効かせるローキックなので、相手の太ももの付け根(骨盤のちょっと下あたり)を狙います。すると必然的に距離がやや近めでないと当たりません。

逆に牽制の意味で放つローキックは相手の太もものやや下あたりを狙います。(この場合、カットされやすいので打つタイミングを気を付ける必要がありますが…)牽制で蹴るローキックはパンチを合わせられるリスクを減らす為に少し遠い距離で打つ必要があります。

 

考えてみると当たり前の事なのですが、スパーリングや試合になると意外と忘れる人が多いのが距離感なのです。ローキックも距離感に気を付けて「この距離で踏み込んでローキックを打って、自分の脚のこの部分が相手のあの部分にあたるかどうか」というのを考えながら蹴っていきましょう。

腰を入れて蹴る。

ローキックもミドルキックと同じように腰を入れて蹴ります。別の言葉で言うと、蹴り足が先に出るのではなく、身体の軸に近い側から先に出ていくイメージです。

ローキックのコツ

相手と身体が非常に近づいた距離で打つローキックは「脚で蹴る」「脚が先に出る」感じで蹴る事もあります。身体の軸を回すスペースや時間が無いためです。

しかし、ローキックの基本的な形はしっかりと身体の軸を回して蹴るイメージを持つ事です。(軸足はベタっと床に付けていまいますが、その中で軸を回して蹴るイメージです。)

左斜め前に踏み込む。

ローキックは相手にパンチを合わせられるリスクが高いです。特に効かせるローキックで相手の太ももの付け根を狙うと距離感が近くなりますので、そのリスクが上がります。

その為、踏み込みの時点で左斜め前に踏み込むで相手のストレート系のパンチを合わせられるリスクを下げる必要があります。

踏み込む足はべた足になる。

ローキックは踏み込む足は床にべた足でつけてしまいます。ミドルキックの場合はつま先立ちになりますが、ローキックはベタ脚です。

やってみると分かりますが、ローキックでつま先立ちになって蹴ると力が入りにくいです。これはローキックで狙う場所が相手の下の部分だからです。ミドルキックやハイキックは相手の上の方を狙う為、伸び上がった方が力が入りやすいのです。

相手のパンチに注意する。

ローキックを打つ時は相手のパンチに注意する必要があります。ローキックを蹴ったと同時にパンチを合わせれてダウンするのはトッププロの試合でもあることです。

下の動画の6:52でHIROYA選手が木村ミノル選手にローキックにパンチを合わせられています。ローキックは非常に有効なのですが、パンチには注意する必要があると分かると思います。

具体的にどうするかというのは駆け引きのような部分もありますが、コンビネーションの中でローキックを出したり、すら相手が踏み込んでくるタイミングでローキックを出す事で、パンチを合わせられるリスクを減らせます。

(ちなみに、この動画でもHIROYA選手はローキックを蹴る時はベタ足で踏み込んでいますね。)

ローキックの蹴る場所は?重い一撃を当てるならココ!

ローキックの蹴る場所ですが、前述した通り相手の太ももの上の方の部分を蹴るのが基本です。そこは筋肉が薄く、当たれば絶対効きます。またカットもしにくいです。

ローキックの蹴る場所を解説。

逆に相手の膝のすぐ上あたりは効くは効くのですが、カットもされやすいです。ただ、遠目の距離から蹴ることが出来るので牽制のローキックでは狙われます。

 

ローキックで相手にダメージを与える事に重点を置く場合、相手のどこを蹴るかも重要ですが、自分の脚のどの部分を当てるかも重要です。

足首に近い部分で蹴った方が遠心力が乗って威力が出そうですが実はそうではありません。自分の膝に近い部分で蹴った方が「ゴリッ」と効くローキックになります。

ただし、前者の方が遠い距離から蹴れるのでパンチをもらうリスクは抑えられます。逆に後者は近い距離で蹴らざるを得なくなりますので、反撃をもらうリスクは上がります。ここは上手く使い分けるべきでしょう。

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

ローキックの効果について。

ローキックが持つ試合やスパーリングでの効果は主に次のようなものが挙げられます。

  1. 上段への攻撃が当たりやすくなる。
  2. ローキック単独でもKO出来る。
  3. 初心者ならば攻撃の幅を出すのに最適。
  4. 身長の高い相手を崩す事が出来る。

上段への攻撃が当たりやすくなる。

ローキックの効果についてですが、一度でもキックボクシングの対人練習や試合をしてみると分かるのですが、結構ローキックは嫌な攻撃です。普通に痛いです。

「この人、ローキックが強いな」と相手に思わせたら、それだけで自分のパンチやハイキックが相手に当たりやすくなります。下に意識が行くからですね。

ローキック単独でもKO出来る。

ローキックはホント痛いです。試合でアドレナリンが出ている状態でも、もらい続けるとあまりの痛さに立っている事が出来なくなります。

牽制やパンチを当てる為、という補助的な意味だけで無く、強力な攻撃になるのがローキックなのです。

初心者ならば攻撃の幅を出すのに最適。

極論ですが、ローキックは誰でも蹴ることが出来ます。ミドルキックやハイキックは身体の柔軟性が求められる為、初心者の中には蹴りにくい人もいます。ですがローキックは脚を上げる必要がないので、誰でも蹴ることが出来るのです。

つまり、技のバリエーションが少ない初心者の段階でも攻撃に幅を持たせる為に使える。これはローキックの大きな効果と言えるでしょう。

身長の高い相手を崩す事が出来る。

ローキックは自分より身長が高い相手にも非常に有効です。

キックボクシングの構えでは、必ずどちらかの足が前に出ます。そこを狙うのがローキックなので、リーチ差があまり関係ないのです。足に意識を集中させて、接近してパンチを当てる、というのは身長差がある場合には有効な作戦となります。

終わりに。

ローキックの蹴り方や蹴る場所、コツや効果などについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

ローキックは地味な技とみられる事もありますが、地味に超痛いです(笑)効果は抜群です。

ここでは重い、一撃で効かせるローキックの蹴り方を基本にお伝えしましたが、相手の身体のどの部分を蹴るか、自分の脚のどの部分を当てるかなどによって、威力や役割を色々変えるのがローキックです。是非、ローキックをマスターして強くなっていきましょうね!

田村カツオ田村カツオ

ちなみに誰とは言いませんが、第5代Krush-65kg王者のローキックはやばかった…

牽制のローキックですら悶絶して立てない人が続出でした…

中澤純中澤純

誰でしょうね~?(笑)

キタエ鯛キタエ鯛

誰でしょうね~(震え声)

ワカメワカメ

え?誰なの?(本気)