こんにちわ。キタエタイです。

筋トレ初心者がジムに行くと器具やマシンの名前が分かりません!名前を知らなければ「アレ」とか「これ」と言うしか無く、ちょっとかっこ悪いし恥ずかしい気もします。(知らない事は恥ずかしい事ではないのですが…)

それでも知らないよりは知っておいた方が良い!という事で、ジムのマシや器具の名前を画像も載せながら一覧にしてみました!

【筋トレ初心者必見!】ジムのマシンや器具の種類や名前を一覧にしてみた!

田村カツオ田村カツオ

先生!

ジムのあそこにあるアレを使っていいですか?

中澤純中澤純

え?カツオさん、ちょっと何のことなのか分からないんだけど…

田村カツオ田村カツオ

ううう…器具の名前を知らないから、上手く言えない…(T_T)

キタエ鯛キタエ鯛

まあ、ジムには見たこともないマシンや器具が多いからねぇ。

中澤純中澤純

よし!一緒に主なものを確認していきましょう!

筋トレ初心者にとって一番大事なのは「正しい方法でしっかり続ける」という事ですが、ジムに置いてある器具やマシンの名前を覚える事も重要です。名前を知らないとジム内で会話が成立しない時がありますからね。(カツオ君みたいに(笑))

ここに主なマシンや器具、道具等を挙げておきます。これ以外にもありますが、まずはここから覚えていきましょう!

トレッドミル

トレッドミルの画像

トレッドミルはランニングマシンとも呼んだりします。とても有名なマシンだと思います。多くのジムに設置されており、音楽を聞きながら、TVを見ながら、沢山の人が使っています。

ウォーミングアップやクールダウン、ダイエット目的で使われるマシンです。

エアロバイク

エアロバイクの画像

エアロバイクも多くのジムにある、おなじみのマシンですね。

ペダルの重さ等を変える事が出来、トレッドミルはまた違った方法でウォーミングアップやダイエットが出来るものです。

クロストレーナー

クロストレーナーの画像

クロストレーナーもジムに行ったら必ず見かけるマシンの一つなのではないでしょうか?

イメージ的にはトレッドミルと似ていると思う人もいるかもしれませんが、ペダルから足を離さないで使えるので着地の衝撃が無く、関節に優しいのが特長です。

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

パワーラック

パワーラックの画像1

パワーラックの画像2

パワーラックは恐らく筋トレを行うにあたって最も重要な器具の一つです。これさえあればBIG3やチンニングが出来、全身を満遍なく鍛える事が出来ます。

当然ジムでもとても人気があり、通常のジムだと1個か2個くらいしか置いていない事が多いので順番待ちをする事が多いです。

将来的にホームジムを作ろうという人はとりあえずパワーラックを家に作ればそれだけで立派なホームジムになります。

ベンチ

インクラインベンチ

ベンチはジムに必ずある器具の一つです。単に「ベンチ」とも言いますが、「トレーニングベンチ」と言ったりもします。

折りたたみ式の簡易的なものから、まっすぐでシンプルなものまで色々あります。画像は「インクラインベンチ」と言って、角度を変えたり出来るタイプで幅広いバリエーションのトレーニングに対応出来るものです。

ラットマシン(ラットプルマシン)

ラットマシン

ラットマシンはラットプルマシンとも言います。マシンに座って手前にあるバー(もしくはハンドル)を引き下げます。バーは重りとつながっており簡単に重さを変える事が出来ます。

ラットプルダウンをする女性

主にはラットプルダウンという種目で広背筋や僧帽筋を鍛えるのに使います。チンニング(懸垂)でも同じような効果を得ることは出来るのですが、筋トレ初心者だとチンニングが出来ない事もあります。ラットマシンを使えば重さを簡単に調節出来ますので、その意味では初心者にも優しいですね。

ショルダープレスマシン

ショルダープレスマシン

ショルダープレスマシンはマシンに座って手前のハンドルを上に押し上げて使います。ショルダープレスと呼ばれるこの種目は三角筋を主に鍛える事が出来ます。

レッグプレスマシン

レッグプレスマシン

レッグプレス

レッグプレスマシンはマシンに座って前のプレートを足て押すことで大腿四頭筋や大臀筋等を鍛えるものです。

スクワットをすれば同じような筋肉を鍛える事が出来るのですが、レッグプレスマシンでは座ってトレーニングを行う事が出来るので安定感が増します。

アルティメイトサンドバッグ

アルティメイトサンドバッグの画像1

アルティメイトサンドバッグの画像2

アルティメイトサンドバッグは置いてあるジムはまだまだ少ないかも知れません。

バーベル等よりは重さはありませんが、持ちやすく、そして不安定であり、体幹を鍛えたり様々なバリエーションのトレーニングを可能にするものです。

単純に筋肥大を狙うトレーニングというよりは、体幹を鍛えて体の機能性を高めるトレーニングで使う場面が多いでしょう。

ベルト

トレーニングベルト

トレーニングベルトはパワーベルトとも言います。腰にキツめに巻き付けて使います。

腹圧を高める事で筋トレ時のパフォーマンスを上げ、背骨への負担を減らしケガを予防する事が出来るスグレモノです。

マッチョな人しか使っていないイメージがあるのですが(笑)、初心者でもどんどん使っていくべきものです。

チューブ

チューブの画像1

チューブの画像2

チューブはゴムチューブとも言います。

柱などに引っ掛けて使います。何本もいっぺんに使えば高強度のトレーニングにもなりますし、柔らかい使い方が出来ますので筋トレをバリエーションを増やす事が出来ます。

バーベルトレーニングはバーベルを下ろした状態では筋肉に負荷がかかっていない状態になりますが、チューブトレーニングは常に筋肉に負荷をかける事が出来、また一味違ったストレスを筋肉に与える事が出来る優れた器具です。

パワーブロックダンベル

パワーブロックの画像

パワーブロックダンベルはちょっと変わったダンベルの仲間です。ダンベルよりも素早く重さを変える事が出来、収納場所もコンパクトです。

ドロップセット法(重さをどんどん下げてトレーニングする方法)等、素早いウエイトチェンジが求められる時に重宝します。また、従来のダンベルとは使用感が違うので、違った刺激を筋肉に与えることが出来るのもポイントですね。

バーベル

オリンピックシャフト
オリンピックバーのバーベル
シャフト
一般的なシャフトのバーベル

バーベルはとても有名な筋トレ器具です。真っ直ぐな棒(シャフト)と左右の重り(プレート)が特徴です。幅広い種目で使用する器具になります。

シャフトの太さが50mmのものをオリンピックシャフトといい、シャフトだけで20キロあります。太さが28mmのシャフトの重さは10キロです。

パワーラックに乗っているバーベルのシャフトはオリンピックバーの場合が多いです。

プレート

プレートの画像

プレートは単独で使用する事はそれほどありません。主にシャフトに入れてバーベルの重さを調整します。

これ、意外と名前を知らない筋トレ初心者が多いんです(笑)

ケトルベル

ケトルベルの画像

ケトルベルの画像2

ケトルベルは形が特徴的なので印象に残っている人も多いかも知れませんね。

重さを自由に調節したりする点に置いてはバーベルに劣りますが、場所を取らず、手軽にトレーニングが出来るというメリットがあるのがケトルベルです。

いつもと違った刺激を筋肉に与える事が出来、体幹トレーニング等に使われます。

あとがき

いかがでしたでしょうか?筋トレ初心者がまず押さえるべきであろう、筋トレ器具、ジムのマシンなどについて主なものを簡単にですがご説明してきました。

最後にこんな事を少し申し訳ないのですが、用具の名前を覚えるのは最低限で良いと思います(笑)それよりも正しいフォーム、やり方で継続してトレーニングを行うことの方がずっと大事です。

ただし、あまりにも基礎的な器具の名前を知らないのも問題ではありますので、最低限押さえたらどんどん鍛えて、次のステップに進んでいきたいですね!

田村カツオ田村カツオ

ジムにある器具やマシンの名前をカタカナで言えたらカッコイイね(^_-)

中澤純中澤純

色々な器具がありますからね!

キタエ鯛キタエ鯛

こういう器具の名前を覚えるのは楽しかったりするけど、一番大事なのは筋トレをちゃんとやることだよ。

中澤純中澤純

そう。器具の名前なんて、いざとなれば人に聞けばいいんです。初心者はしっかりと筋トレを習慣に出来るよう頑張りましょう!

田村カツオ田村カツオ

イエッサー!!