こんにちわ。キタエタイです。

今回はトライハードジムとK-1の間の出来事についての続編で、K-1側の言う「契約違反」や「不当な要求」が何だったのかについてです。推測の域を出ませんしが、一つの意見として述べておくものです。

おそらくこの件についてはK-1側からの説明はないと思いますし、トライハードジムからの説明もあるかどうかは不明です。ですが、ファンとしては何があったか推測でも把握しておきたい気持ちはあると思いますので…

現在まで状況についてさらっとおさらい。

現在までの状況についてさらっとおさらいしてみたいと思います。

  1. 2月3日にK-1が会見を開き、トライハードジムの選手の試合の中止、大雅選手の王座剥奪などが発表された。
  2. 理由についてK-1はトライハードジムの「契約違反」と「不当な要求」としている。
  3. トライハードジムも声明を発表するも真相を知れる程具体的な内容ではない。

 

大まかに言うとこんな感じです。この件については時系列などはあまり大きな意味はないと思います。一番重要なのがK-1の言うトライハードジムの「契約違反」と「不当な要求」の内容が何であったか…ですね。

会見に出席した宮田充K-1&Krushプロデューサーによると、昨年末にTRY HARD GYM側に契約違反があったことで両側が話し合いを行い、一度は改善の機会を与えて合意の上で契約関係を継続することになったという。

 その後、TRY HARD GYM所属選手との契約に基づいて対戦カードを発表し、イベントプロモーションを進めてきたが、今年に入ってTRY HARD GYMから契約の合意事項の一方的な破棄を含む不当な要求があり、「さらにこの要求が認められなければ、試合に出場しないとの主張があった」とのこと。

出典元:【K-1】メインの武尊vs大雅戦が消滅、大雅は王座剥奪に

一体何があったというのか…

トライハードジムとK-1の間の契約違反とはRIZINの大雅VS那須川天心か?

ネット上の推測に過ぎませんが、トライハードジムの契約違反とは「2018年の年末のRIZINに那須川天心の出るトーナメントに大雅選手が出場しようとした事」ではないか?というものが有力です。

K-1は選手と独占契約を結ぶ事になっており、選手はK-1関係の試合以外には出られなくなります。

ただし、過去には武尊選手や木村ミノル選手、結構前になりますがHIROYA選手などはRIZINのリングに上がったことがあり絶対的なものでは内容です。(マッチメイクによるのでしょう。)

大雅選手も前例があるからという事でRIZINに出ようとしたがK-1に止められた。それは那須川天心選手が相手だったから…という事は推測に過ぎませんがあり得ると思います。何故なら、大雅選手もK-1にとっては大切なスター選手でありK-1内ならともかく、他団体の興業で危ない試合(負けるかもしれない試合)はさせられないからです。

大雅選手のTwitterを見ると、これが真相なのではないかと推測出来ます。

小さな世界=K-1という事でしょうか…

大雅選手ほどになると強い相手とも試合をしたい。一方でK-1としては「自重」してもらいたい、というのがあったのでしょうね。

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

トライハードジムの不当な要求とはファイトマネーについてか?

で、大雅選手は結局RIZINの舞台に上がり、那須川天心選手が出るトーナメントに出場する事はありませんでした。K-1とトライハードジムの中で何らかの折り合いが一度は付いたからでしょう。

※代わりに出たのが浜本キャット雄大選手です。

K-1としても有力選手の多いトライハードジムは大事なジムだったと思うし、トライハードジムとしてもK-1と手を切りたくは無かったのが本音だと思います。だからこそ、大雅選手はRIZINを諦め(悔しかったでしょうが…)、K-1も一度はトライハードジムの「契約違反」に目をつぶった。

 

次にトライハードジムから出た「不当な要求」というのが「もっとファイトマネーを上げろ」というような要求だったいう説がネット上にはあります。(真偽は不明です。)

まあ、トライハードジムはかなり強い選手が多いのですがK-1の中では「優遇」されていたとも言い難いですし、外で試合をさせて貰えないのならばファイトマネーくらい上げてくれよ…と選手が思っても不思議でも不当でもないと思います。

 

ただK-1はそれを受け入れる事はしなかった…

大雅選手とトライハードジムは強気だったと思います。何故ならば大雅選手は3月のK-1のメインイベントだったから。さすがにそこに出場するスター選手を含むジムをK-1が切るとは思えません。だから、トライハードジムは「要求」を継続した。

しかし、それはK-1側からすれば受け入れがたい事ではあるし、今後のK-1のブランディングの確立の為にもトライハードジムを断腸の思いで切った。

というところが今回の真相だったのではないか?と思います。推測に過ぎませんが…

 

終わりに。

トライハードジムとK-1の間の「契約違反」や「不当な要求」などについて、ネット上の色々な意見をまとめてみました。

今回の件は選手が悪い訳でもない。K-1が全部悪いかというとそうでもないと思います。

ただ、格闘技界にとっては大きな影響を与えた一件でしたね…今後どうなっていくのでしょうか?