こんにちわ。キタエタイです。

今回は左ハイキックの蹴り方やコツ、左ハイキックを蹴るのに必要な柔軟性を高める柔軟体操やストレッチなどについて紹介していきたいと思います。

左ハイキックを覚えると攻撃の幅が広がり、とても有効です。是非マスターしていきましょう!

左ハイキックの蹴り方やコツをK 1ファイターの中澤純が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではK-1ファイターの中澤純氏が左ハイキックの蹴り方についてレクチャーしています。現役トップアスリートのコーチングが無料で見れるチャンスです!是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

左ハイキックの蹴り方やコツについて解説!

左ハイキックの蹴り方について。

①力を抜いて構える。

左ハイキックの蹴り方やコツ1


 

②前足と後ろ足をスイッチして素早く入れ替える。左手を振り上げる。

左ハイキックの蹴り方やコツ2


 

③左手を振り下ろし、右足を軸足にしてつま先立ちになり、腰を入れて蹴る。自分の脛が相手に当たれば威力が出て良いのだが、高さの関係で難しいので足の甲を当てても良い。

ハイキックは足を高くまで上げるので、自然と上半身はのけぞりやすい。わざとのけぞる必要も無いが、のけぞるとパンチを貰うリスクが減る。ただし、軸がぶれやすいので注意する。

左ハイキックの蹴り方やコツ3

左ハイキックのコツについて。

左ハイキックのコツは左ミドルキックと同じように、まずはスイッチに慣れる事です。初心者はスイッチの動作に慣れないと左ハイキックもとても難しく感じると思います。

スイッチのコツとしては足を入れ替えた時に、前後の足が開きすぎていない事です。足が前後で開きすぎていると非常に蹴りにくいです。コンパクトにスイッチする意識を持ちましょう。

ミドルキックと同様にしっかりと腰を入れて打つのも重要です。腰が先に回り、太もも、膝、脛、足の先、という様に身体の中心から先に向かってしなるように蹴るイメージを頭で描くのが大事です。

 

左ハイキック(左ミドルキックもそうなのですが)、「スイッチ」ではなく右足が流れの中で自然に前に出て、そのまま右足を軸に左足で蹴りを打つ事もあります。

やってみると分かるのですが、パンチの連打などをして左ハイキックや左ミドルキックにつなげる時はスイッチすると一瞬流れが止まりやすいのでちょっと難しいです。他の攻撃と組み合わせるのであれば、「右足が自然に前に出る。右足を一歩前に送る」という動作で前後の足を入れ替えても良いでしょう。

上の動画の1:01では小澤選手が相手に左ミドルキックを決めていますが、その前に右フックを打ってその流れで右足が前に出て、そこから左ミドルにつながっていると分かります。「右足を一歩前に送る」の良い例です。

(小澤選手はサウスポーで、ここでは左ハイキックではなくミドルキックですが、オーソドックススタイルの選手の左ハイキックにも十分参考になると思います。)

 

左ハイキックが上手くなりたいのであれば、とにかく左ハイキックを蹴って練習するという事が大事です。左ミドルやワンツーが得意な人が多いのはそれだけ普段から練習しているからです。同じように左ハイキックも練習すれば必ず上達します。これは最も基本的ですが、重要な「コツ」です。

(左ハイキックだけを練習するのは考え物ですが…)

 

ちなみに左ハイキックを相手に当てるコツですが、パンチとのコンビネーションの中で打ったり、何回も左ミドルを蹴っておいて腕にダメージを与えておき、腕が下がったところで左ハイキックを打つと当たりやすいです。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

左ハイキックを蹴るための柔軟体操やストレッチについて。

左ハイキックを蹴るためには柔軟性が求められます。これは右ハイキックでも同様です。ローキックやミドルキックはそれほど柔軟性が必要ないので、ある意味では誰にでも蹴れるキックですが、ハイキックは違います。

ハイキックを蹴るためには股関節の柔軟性が非常に重要になってきます。股関節が固いとハイキックは蹴れません。

一般的に股関節を柔軟にする柔軟体操には股割りや四股を踏むストレッチなどがあります。柔軟性と言ってもバレリーナのような柔軟性は求められません。あくまでもハイキックを蹴るくらいの柔軟性でしたら、そこまで苦労せずに手に入ると思います。

この開脚ストレッチの動画はハイキックを蹴るための柔軟体操として非常に参考になると思うので是非見てみて下さい。

ただし、ハイキックを蹴るための柔軟体操だけやっていてもダメです。サンドバッグやミットで実際にハイキックの動きをする事でも股関節の柔軟性は必要なレベルに近づいていきます。蹴り込みは一番大事と覚えておきましょう。

股関節とは別問題ですが、つま先で伸び上がる時にふくらはぎをつってしまう人もいるので、そこも注意しておきましょう。

終わりに。

左ハイキックの蹴り方やコツ、柔軟体操やストレッチについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

左ハイキックは試合やスパーリングで使うのは勇気がいるという人もいるでしょうが、その原因は左ハイキックの練習不足です。極端な話、ジャブや右ミドルと同じくらい左ハイキックを蹴り込めば自然と苦手意識はなくなるはずです。

覚えておくと攻撃の幅も広がりますし、とても心強い武器になります。是非左ハイキックをマスターしていきましょう!

中澤純中澤純

僕は左フックで相手を倒す事が多いですが、左ハイキックもしっかり使いますよ!

田村カツオ田村カツオ

左ハイキックは決まるとホント気持ちいいです。是非練習しましょう!