こんにちわ。キタエタイです。

今回もキックボクシング編という事で右ハイキックの蹴り方やコツ、当てる場所などについて解説していきたいと思います。

右ハイキックは右ミドルキックの延長で蹴れるので初心者でも比較的やりやすい「大技」だと思います。ただし、しっかりと使いどころを抑えておかないと有効打にはつながりませんし、リスクもあります。是非抑えておきましょう!

右ハイキックの蹴り方やコツをK 1ファイターの中澤純が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではK-1ファイターの中澤純氏が右ハイキックの蹴り方やコツについて解説しています。現役トップアスリートのレッスンを無料で受けるチャンス!?

是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

【キックボクシング】右ハイキックの蹴り方やコツついて解説!

右ハイキックの蹴り方。

①力を抜いて構える。

(全ての攻撃は構えた状態からスタートしますが、そこの時点で力んでいると身体が正しく効率的に連動してインパクトするのは難しいです。攻撃する時は必要な部分に力を入れる。そうでない時は力を抜くのが大事です。)

右ハイキックの蹴り方1


②左足を斜め前に踏み込み、右手を振り上げ、腰→太もも→膝→脛→足と体幹に近い側から末端に向かって蹴り出していく。(腰を入れる、という事。)

右ハイキックの蹴り方2


③右手を振り下ろし、軸足はつま先立ちになり、相手の首から上を狙って蹴る!

右ハイキックの蹴り方3

右ハイキックのコツ。

右ハイキックのコツについて解説していきます。幾つかのポイントを抑え、意識して蹴るのと見よう見まねで適当に蹴るのでは雲泥の差が出てしまいます。キックボクシングは格闘技ですが、頭を使う競技です。しっかりと理論は理解しておきましょう。

左斜め前に踏み込む。

右ミドルキックも右ローキックもそうなのですが、パンチを合わせられてしまうリスクがあるので、少しでも相手の正面に立たないようにするのが吉です。その意味で前足の踏み込みは左斜め前にする。これが右ハイキックのコツです。

ちょっと話がそれるかも知れませんが、キックボクシングのディフェンスは頭を動かしたり、手でパンチを払ったりするのも確かにディフェンスなのですが、メインは「相手の攻撃が当たらない距離を保つ事」や「相手の正面に長い間は立たない」という事が重要です。その感覚があるかどうかで大分被弾する回数が変わってきます。

左斜め前に踏み込むというのもその一つです。是非抑えておきたいところですね。

思い切りよく蹴る。

右ハイキックはモーションも大きいですし、足を上げる高さも高いので、やるなら思い切りよく蹴る事が重要になってきます。躊躇があったりすると、動きも遅くなるし威力は出ないし隙が出ます。

どんな技を出すにしてもそうなのですが、やるならやる!です。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

しっかりつま先立ちになる。

つま先立ちになる事は非常に重要です。ミドルキックでもつま先立ちになりますが、ハイキックの場合インパクトするポイントが高いので、つま先立ちすると届きやすいというのが一つ。

そして何より回転力が生み出しやすいのがその理由です。ミドルキックよりもハイキックの方が回転力は弱まる事が多いのでしっかりとつま先立ちして、スピードのある蹴りを出していきましょう。

右ハイキックを当てるコツ。

右ハイキックはそうそう当たる攻撃ではありません。

当てやすくするコツとしては右ミドルでお腹に効かせて意識をそこに集中させ、右ミドルキックと同じような軌道で右ハイキックを蹴りヒットさせるのがひとつです。

また相手の足をじっと見ていきなり右ハイキックを蹴る視線のフェイント等も有効です。

それでも右ハイキックはそうそう当たるようなものではありませんが、色々チャレンジしてみましょう!

右ハイキックを当てる場所について。

自分の足のどの部分を相手に当てるか。

右ハイキックを打つ際に「自分の身体のどの部分」を相手に当てるかですが、これは理想は脛です。硬い脛の部分でハイキックが首や頭に入れば大ダメージを与えられるでしょう。

ただし、ハイキックで脛の部分を当てるのは相当な身長差がないと厳しいです。

現実的には、自分の足首や足の甲の部分を相手に当てていく場面が多くなってくると思います。

相手の身体のどの部分に当てるか。

右ハイキックは相手の首に当てて「頭を刈り取る」ようなイメージで蹴りますが、頭に直接当たっても構いません。

こめかみに当たったり、頭頂部をかすめるように当たって脳が揺れてダウンをとったり色々なケースがあります。

終わりに。

右ハイキックの蹴り方やコツ、当てる場所等について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

キックボクシングの試合でハイキックが決まると超格好いいです!大技でもありますし、そうそう簡単に出せるものでも当てられるものでもありませんが、練習しないと始まりません。

右ミドルキックの延長で蹴れる部分があるので、初心者でも比較的やりやすいのは事実です。どんどんトライしていきましょう!

田村カツオ田村カツオ

僕も中澤純のハイキックで何度も倒れたなあ…(白目)

中澤純中澤純

いや、ローキックとボディが多いと思いますよ。

ハイキックは使わないでおいてあげたはずですが…

田村カツオ田村カツオ

アレ、オカシイナア…(白目)

キタエ鯛キタエ鯛

恐怖のあまり、カツオ君の記憶が消去されているようです(笑)