こんにちわ。キタエタイです。

今回はテニスで足がつる原因と対処法についてです。テニスとは言いましたが、キックボクシングやサッカーなど、色々なスポーツ、色々な場面でふくらはぎが痙攣を起こしてしまう場面はあると思います。

その対処法や予防法を知っているだけでずいぶんと違ってくるはずです。僕はふくらはぎを鍛える事と「アレ」を飲む事で痙攣を克服した過去があります。1つの事例として参考にしてみて下さいね。

テニスで足がつる原因と僕がとった対処法。

僕はテニスで足をつる原因とは?

自慢じゃないですが、筆者は昔テニスをしており、足をつる名人でした(笑)

テニスの試合の度に足をつり、ふくらはぎの下に巨大な芋虫がいるかのようなグネグネした痙攣を起こし、棄権した事数知れず…本当に悔しい思いを何回もしました。

 

実はふくらはぎの痙攣については原因はよく分かっていない部分も多いそうです。ただ、心因的な原因と電解質の不足がかなり関係しているようです。(乱暴な言い方ですが、個人の体質等の差もあるのでしょうね。)

確かに試合であれだけ足をつっていた僕も、練習で足をつった事はありませんので、試合で緊張するというのは痙攣に大きく関わっているというのは頷けます。

また電解質の不足というのは後述しますが、多分痙攣の原因で一番大きいものだと思います。

 

当時、ネットでそのような情報を仕入れたふくらはぎの痙攣対策として僕は以下のような対処法をとりました。

  • ふくらはぎを鍛えた。(筋トレした。)
  • スポーツドリンクを飲みまくった。

テニスで足がつる事への対処法1 ふくらはぎを鍛える(筋トレ)

痙攣に対しての対処法の中でやっていて一番充実感があるのがこれ。ふくらはぎを鍛える筋トレをするというもの。

テニスの最中にふくらはぎをつってしまうというのであれば、ふくらはぎを鍛えて筋持久力をUPさせればつらなくなる(痙攣を起こしにくくなる)というのは、分かりやすいと思います。

 

僕は1日200回のカーフレイズをやっていました。

 

【カーフレイズ参考動画】

カーフレイズというのは「床に立ってつま先立ちになる」を繰り返すシンプルな筋トレの種目です。ふくらはぎの筋肉を鍛えるのが主目的です。僕の場合は筋持久力UPがその目的だったので回数は多めです。

慣れてきたら鉄アレイを持って負荷をちょっと上げてやったりしていました。

 

これは筆者の経験上、かなりの効果があるので是非やってみて下さい!慣れるとスマホをいじったり読書しながらでも出来る様になりますよ(笑)

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

テニスで足がつる事への対処法2 スポーツドリンクを飲む。

筆者が実際にやってみた、もう1つの有効なふくらはぎの痙攣の対処法としては「スポーツドリンクを飲みまくる」というものが挙げられます。

毎日ではありません。テニスの試合がある日はスポーツドリンクをとにかく飲みまくったのです。ポカリスエットやアクエリアスですね。

 

実は、足をよくつっていた時代、僕はケチって水筒にお茶や水を入れてちびちび飲んでいました。でも、よく考えればテニスをすると相当汗をかきますし、他のスポーツでもそうでしょう。汗を大量にかけば電解質が不足しますから、痙攣してしまうというのは非常に分かりやすいです。

これも恐ろしく有効で、スポーツドリンクのありがたさを実感しました。甘すぎるとか色々文句を言われているスポーツドリンク達ですが名前の通り、スポーツする時には本当に有効です。

テーピングはあまり効果がなかった。

ふくらはぎの痙攣対策という意味ではキネシオテックステープなどによるテーピングはあまり効果を感じた事は、個人的には、ありません。

まあ巻き方をきちんと勉強しないと最大限の効果を出すのは難しいでしょうし、僕がその巻き方をマスターしていたかというとそんな事はないです。

ただ、それでも筋肉の流れに沿ってテーピングをする事で多少なりとも筋肉のサポートにはなっていたはず。にもかかわらず、痙攣を予防する事への効果を実感した事はありません。

テーピングというのは、その場所への負荷を和らげたり、パフォーマンスをUPさせるという意味では効果がある面もあるのでしょうが、足をつるという点においてはあまり有効ではないんだな、と思います。(これは、テーピングをしながらも何度も足がつった経験からです。)

終わりに。

テニスをしていて足をつる原因と対処法。僕は「ふくらはぎを鍛え」「スポーツドリンクを飲みまくる」事で解決しました。

一度、これで解決出来ると覚えてしまうと色々なスポーツに応用が利きます。キックボクシングではミドルキックやハイキックを蹴る時につま先立ちになりますし、サッカーなど走りまくる競技でも足をつってしまう危険性は高いでしょう。

対策は人それぞれかもしれませんが、ふくらはぎの筋トレとスポーツドリンクはかなり有効だと個人的には感じていますので、是非試してみて下さいね!