こんにちわ。キタエタイです。

今回はサイドレイズのやり方やフォームについて解説していきます。肩(三角筋)を集中して鍛える事が出来るサイドレイズですが、フォームを間違えると僧帽筋に刺激が逃げてしまいます。僧帽筋が筋肉痛になるようでは、三角筋も僧帽筋もどちらも中途半端な効果に。

サイドレイズではしっかりと三角筋に刺激を与え、僧帽筋はシュラッグなどで鍛えていきましょう!

サイドレイズのフォームややり方を中澤純が解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではK-1ファイターで自らもパーソナルトレーニングジムを運営する中澤純氏がサイドレイズについてフォームやコツを説明しています。現役トップアスリートのコーチングが無料で見れるチャンスです!是非ご覧になってみて下さいね(^_-)

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

サイドレイズのやり方やフォームを解説!

①ダンベルを両手で持ち、小指を上にして左右に腕を上げていく。この時腕は伸ばすのだが、軽く曲がっていてOK。反動や勢いを使わないで上げていく。

両手を真横にするとキツい場合は少しダンベルを前に出してもいい。

サイドレイズのやり方2


②ダンベルをゆっくり下ろしていき、身体のに付ける前に止める。

身体に付けてしまうと、三角筋への負荷が逃げてしまうので、腕と身体の角度が30度くらいのところで停止し、そこからまたダンベルを上げていく。これを繰り返す。

サイドレイズのフォーム1

サイドレイズで僧帽筋が筋肉痛にならない為に。

サイドレイズで僧帽筋が筋肉痛になってしまう場合があります。

基本的にサイドレイズは三角筋を鍛えるを鍛える種目です。僧帽筋に刺激が入るという事は僧帽筋に刺激が逃げてしまっており、三角筋への効果が減ってしまっているという事です。

僧帽筋を鍛えたいのであればシュラッグなど僧帽筋をターゲットにした種目で鍛えるべきであり、サイドレイズでは三角筋に集中すべきなのです。

 

サイドレイズで僧帽筋が筋肉痛になる原因は色々な言い方が出来ますが、分かりやすく言えば「重すぎるウエイトを扱っているから」です。これに集約できると思います。

三角筋はそれほど大きな筋肉ではないので、軽い重量でもしっかり効かせる事が出来ます。かっこつけて20キロとか18キロと言ったダンベルを使うのはNG。

自分が正しく扱い切れない重さのダンベルでやるとついつい肩をすくめて僧帽筋に刺激を逃がしてサイドレイズを行ってしまったり、反動を使ってしまったり、手首の向きがおかしくなります。

無理のない重さのダンベルを使って、ゆっくりチーティングをせずに正しいフォームでサイドレイズを行いましょう。キタエタイの動画を参考にしてみて下さいね!

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

終わりに。

サイドレイズのやり方やフォームについて説明してきました。僧帽筋が筋肉痛になってしまう原因などについてもお話し、理解して頂けたと思います。

サイドレイズで肩の筋肉が付くと一気に男らしい肩になります!サイドレイズを中心に行うメニューはあまりないでしょうが、肩の追い込みにはとても良い種目ですので、夏の前に是非サイドレイズにはまりましょう!

田村カツオ田村カツオ

ふふふ…僕の肩幅なら25キロのダンベルでサイドレイズだな!

フン!フン!

キタエ鯛キタエ鯛

重すぎるウエイトは僧帽筋が筋肉痛になるどころか、肩を痛めるよ…!

田村カツオ田村カツオ

(グキ!)

ぎゃああああ!

中澤純中澤純

こ、ここで僕が説明した事は一体なんだったのか?(笑)