田村カツオ田村カツオ

うう…なんかだるい…それに眠い…

これはもしかして昨日一生懸命筋トレを頑張り過ぎたからじゃないだろうか?

中澤純中澤純

か、カツオさん、大丈夫ですか?

田村カツオ田村カツオ

あ…先生…僕は大丈夫です…

ただ、筋トレ翌日にこの眠さ、だるさ…ついでに浮腫と頭痛も出るなんて、きっと頑張り過ぎたんだと思います…

キタエ鯛キタエ鯛

カツオくん…

君、昨日は腕立て6回を2セットしかしてないよね?普通に考えたら体調不良にはならないよね?

田村カツオ田村カツオ

・・・(ギク!)

田村カツオ田村カツオ

さささささ、さーてランニングでもしてくるかなぁ!

中澤純中澤純

( ゚д゚)ポカーン

こんにちわ。キタエタイです。

今回は筋トレ翌日の定番症状である「だるい」「眠い」「むくみ」「頭痛」等について原因や対処法を述べていきたいと思います。特に筋トレ初心者だと、体が出来上がっていないため、筋肉痛もひどい訳ですし、他にも不調があったら不安になるでしょう。

ですが、不安になりすぎる事はありません。筋トレ翌日は体が変わろうとしている時期でもありますから、多少の「好転反応」はあるものです。

体の不調に鈍感になれ、と言うのではなく、正しい知識と姿勢で臨みましょうね!

筋トレ翌日にだるい・眠いのはなぜ?むくみや頭痛がする原因や対処法とは?

筋トレ翌日にだるい・眠いのはなぜ?原因や対処法について

原因

筋トレ翌日にだるい、眠いと感じる主な原因は「疲労」です。

前日の筋トレでしっかりと筋肉に効かせる事が出来たという事は、それは筋繊維が疲労している。=疲労物質が残っているという事です。疲労物質が残っていれば当然疲れを感じますよね。

また筋トレによって筋繊維が切れれば、以前よりももっと強い状態にまで復活するという超回復という現象が起きますが、超回復している筋繊維は発熱したり、周りの細胞から栄養をもらおうとします。

こんな訳で筋トレの翌日にだるかったり、眠かったりするのです。ですので、基本的に筋トレ翌日の眠さ・だるさについては言ってみれば「健康的」なものであり、それほど気にする必要はないと思います。

筋トレというのは、筋繊維を切る事ですから「一種の自傷行為」とも言えるわけであって、ケガをしている状態の体がだるいのは普通のことですよね。

トレーニングの次の日はだるくなる…

ちょっと番外編的な理由としては(特にサラリーマンに多い傾向がありますが)、夜にトレーニングをした事によって興奮してしまい、寝るのが遅くなってしまうという事です。これはちょっと不自然な原因ですね(笑)

また、寝るのが遅くなってしまっても起きる時間は変えられないという場合は多く、結果として筋トレとは直接的な関係はない部分でだるくなったり、眠くなったりする人はいます。

健康の為の筋トレが健康の為ではなくなってしまっている例ですね。意外とあることなので気をつけましょう!

対処法

対処法としてはまずはしっかりと栄養を取るという事です。特にプロテインですね。筋繊維が修復され元に戻ればだるさ・眠気がなくなります。筋肉の材料となる栄養がなければ筋肉がつかないだけでなく、元々より細く弱くなってしまう事もありますので、しっかりとご飯とたくさん食べ、プロテインを飲み、オーバーカロリーな状態になりましょう。

お風呂にしっかりと入るのも重要です。お風呂に入れば温まり血行が良くなり、疲労物質が溜まっている場所から流れ、排泄されます。またケガをした場所に栄養を運ぶのも血液です。血行が良くなるのはいい事づくしなのです。

また、しっかりと睡眠を取りましょう。睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されますので、筋繊維が修復されやすいです。

出来ればストレッチもするべきです。ストレッチをする事で筋繊維を伸ばせば、伸ばされた筋繊維の間に血液が流れ、栄養が届きます。筋肉の回復を早めますから結果としてだるさの予防、対処法となるでしょう。

 

筋トレ翌日のむくみの原因や対処法について

原因

筋トレ翌日は体に水分が溜まりやすい=むくむ

筋トレ翌日に体がむくむというのもよくある話です。

筋トレをすると疲労物質が溜まり、筋肉が硬くなってしまいます。筋肉が硬くなれば血行やリンパの流れが悪くなり普段は起こらないむくみが出てしまうという訳です。血液やリンパの流れが悪くなれば余計な水分が体に溜まりやすいというのはイメージがしやすいと思います。

また筋トレで沢山の汗をかくと、一種の脱水症状のような状態になる場合がありますが、そうなるとオシッコの量が減ってしまいます。体に水分を残そうという働きですね。排尿がなく、体に水分が溜まればむくんでしまうというのも納得です。

トレーニング翌日は体重が多少増える場合が多いですが、それは体の水分が増えているのですね。筋肉が増えている訳ではありません。

対処法

筋トレ後のむくみの対処法としては、まずはしっかりと水分を摂りながらトレーニングをするという事です。水分が無いと疲労物質は排出されません。また塩分やビタミン、ミネラルも疲労回復には必須ですので、筋トレ中はしっかりとスポーツドリンク等を飲むようにしましょう。

「根性で水を飲まない」みたいなアホな指導をする部活が問題になる事もありますが、運動中に体に必要なものを摂らないというのは本当にアホとしか言い様がありません(笑)筋トレは科学なので、しっかりと筋肉に水と栄養を与えながらトレーニングしましょう!

同様に筋トレ後のストレッチやしっかりお風呂に入って血行を良くしてあげる事も有効な対処法です。もちろん寝ることも。

筋トレ後のだるさ・眠さに対しての対処法と結局は同じなのですが、「筋肉を元の状態に戻してあげる」という観点で考えれば自然な事だと思います。

田村カツオ田村カツオ

そうか!筋肉には休みや栄養が必要なんだ…!

ならば僕ももっと休んだほうが良いね!

キタエ鯛キタエ鯛

き、君の場合は休みすぎだと思うよ…?

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

筋トレ翌日の頭痛の原因や対処法について

原因

筋トレ後に頭痛がする場合の原因は、筋肉が原因だとしたら、僧帽筋や首や肩の筋肉が張っている事が原因だと思われます。その辺りの筋肉が疲労して硬くなると、そこを通る神経が圧迫されて痛みが出る事があります。

よく肩こりになると頭痛がするという人がいますが、原理的には同じですね。

尚、筋トレをしている時に激しい頭痛が起こった場合は「労作性頭痛」の可能性があります。これについてはまた別記事で解説したいと思います。

対処法

対処法としては筋肉の疲労をとってあげる事が1番ですから、しっかりと睡眠を取る。お風呂に入って血行を良くする。ストレッチをするということなどが挙げられます。

これもまた今まで挙げてきた対処法と被る部分が多いですね。ただ、疲れた体を休ませて、栄養を取るというのは当たり前の事ですよね。「当たり前の事を当たり前にする」という事が筋トレには重要なのかが分かると思います。

 

尚、頭痛は舐めてかかると大変な事になる可能性もありますので、あまりひどい場合は病院に行きましょう。筋肉が張って頭痛が起こるのは沢山ある原因のうちの一つでしかありませんので…

まとめ

如何でしたでしょうか?筋トレ翌日に起こりやすい不調(眠い、だるい、むくみ、頭痛)について色々まとめてみました。

筋トレは体を傷つけて、更に強くするという行為ですので、体に負担はかかります。(健全な負担と言えますが…)体が変わる時には何らかの変調が現れるのは自然な事であり「好転反応」と言ったりもしますが、症状がひどいと不安になったりもすると思います。

最終的には、ご自身で体調を判断して頂き、場合によっては医療機関に行って頂くのが良い時もあろうかとは思いますが、予備知識としてここでお伝えした事を頭の片隅に置いてもらえたら精神的に少しでも楽になって貰えれば幸いです。

是非、楽しい筋トレライフをエンジョイしてくださいね(^_-)

中澤純中澤純

あ。どうやらランニングから帰ってきたようですね。

田村カツオ田村カツオ

(しまった…!)

中澤純中澤純

早速これからトレーニングの指導をしてきますよ!

田村カツオ田村カツオ

だ、だるくて、眠くて、むくみがあって、頭痛がするんですけどぉ…

キタエ鯛キタエ鯛

それは、筋トレ翌日の話だっちゅうの!