こんにちわ。キタエタイです。

今回はキックボクシングにおけるディフェンステクニックの一例を紹介していきたいと思います。ここで紹介するテクニックはタイ人が良く使うものなのですが、もちろん日本人が使ってもOKですし有効です(笑)

また、初心者でも比較的簡単に出来る部類のディフェンス方法ではありますので、練習してみる価値はあると思いますよ!

キックボクシングのディフェンステクニックを紹介①

キタエタイYouTubeチャンネルでは現役K-1ファイターの中澤純氏がキックボクシングのディフェンスのテクニックについて解説しています。現役トップ選手のテクニックを学ぶチャンス!是非見てみて下さいね!

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

キックボクシングのディフェンステクニックのやり方を説明!初心者向け!

ここで解説するディフェンステクニックはムエタイ選手のタイ人が好んで使用する方法です。やり方自体は凄くシンプルなので初心者でも出来ると思います。

ポイントは以下の2つです。

  1. 左手を伸ばして相手の攻撃の邪魔をする。
  2. 同時に右手で相手の攻撃を止める。

 

基本の動きはこの二つだけです。後は相手の攻撃がどこから来るかに応じて少しバリエーションがある程度です。以下、右手の動きと左手の動き別にバリエーションをチェックしていきましょう。

右手の動き。

まず一つ目がジャブやワンツーなど相手がストレート系のパンチで攻めてきた場合のバリエーションです。左手を伸ばし、右手は自分の顔の前に残します。こうする事で顔に攻撃が当たりにくくなります。

キックボクシングのディフェンステクニック1
ジャブやワンツーに対して

 

次に相手が左フックなどで攻めてきた場合。左手を伸ばすのは同様で、右手は顔の右側に残します。相手の左フックをしっかりとガード出来る形です。

キックボクシングのディフェンステクニック2
左フックに対して

 

三つ目が相手が右フックで攻めてきた場合。左手を伸ばすのはこれまでと同様ですが、右手は顔の左側に置き、右フックを防ぎます。

キックボクシングのディフェンステクニック3
右フックに対して

左手の動き。

左手の動きも状況に応じて変える事になります。基本は相手の頭や胸の部分を伸ばした左手で突き放す事で相手の邪魔をします。

田村カツオ田村カツオ

これ、やられてみると分かりますけど、マジでやりにくい!左手が邪魔だなあ…と思いますよ。

後は相手の右肩に左手を伸ばして、相手を止めたり…

ディフェンステクニック4
相手の右肩に左手を当てて止める。

 

相手の右腕に自分の左腕を絡める事でパンチの威力を激減させたりします。

ディフェンステクニック5
相手の右腕に自分の左腕を絡める。

注意点。

このタイ式ディフェンステクニックの注意点としては、相手が連打で来たら破られてしまうので、相手の攻撃を一度止めたらローキックや右ストレート等で反撃をする事です。(ルール上OKなら右肘等も有効。)

また、スパーリングや特に試合では相手が本気で来るので、このディフェンステクニックを使ったとしてもかなりの衝撃が来ます。それに対してひるむ事無く、基本の動きを出来るかどうかが鍵となってきます。

筋トレの効果をUPさせたいならHMBサプリメントがオススメ!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

終わりに。

キックボクシングのディフェンステクニックという事で初心者でも比較的やりやすいものをご紹介しました。タイ人というとムエタイが伝説の様に強いイメージがありますが、このテクニックは普通の日本人でも使っていけます(笑)

相手のパンチを見て避けるというのは初心者には難しいですが、このディフェンステクニックであれば比較的慣れるのが早い、簡単な部類だと思います。

是非、やってみて下さいね!キックボクシングはディフェンスが本当に大事なのです。

中澤純中澤純

このディフェンステクニックは特に肘打ちが使える場合に有効なので、肘無しルールでは使うプロは多くはありませんが、初心者が覚えるテクニックとしては有効だと思います。

キタエ鯛キタエ鯛

破られないディフェンスなんてないから、反撃をしっかりする事も忘れずに。