こんにちわ。キタエタイです。

今回は前蹴りを使った防御のコツについて説明していきたいと思います。前蹴りはパンチやミドルキック、ローキックと違い派手なインパクト音が出たりはしませんが、お腹にもらい続けると超イヤな攻撃です。リーチが非常に長く、相手を突き放す効果もあるのでキックボクシングでは攻撃だけでなく防御でも使われます。

前蹴りを使いこなすとかなり防御が固くなりますので、是非抑えて頂きたいところです!

※以降、特に断りが無い場合、前蹴り=左前蹴りという意味で使います。

キックボクシングのディフェンステクニックを紹介②

キタエタイYouTube公式チャンネルでは前蹴りを使ったディフェンステクニックの方法を現役K-1ファイターの中澤純氏が解説しています。ぜひご覧になってみて下さいね。

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

前蹴りを使った防御のコツを紹介!

前蹴りは相手が出てきた時に当てる。

試合やスパーリングで対戦相手と対峙した時、そのままの距離では前蹴りを当てる事は基本的には出来ません。前蹴りのリーチよりも遠い場所に相手がいるからです。

上級者の場合、一歩踏み込んで当てる事もありますが、自分のバランスを崩し易いので初心者向けではありません。

 

防御という観点から見た時、前蹴りは相手が踏み込んで前進してきたタイミングで当てるのが一番です。

前蹴りは相手が出てきたタイミングで当てるとよい。
田村カツオ、中澤純の前蹴りで止められるの図。

相手が攻撃しようとして踏み込んで来たタイミングで出鼻をくじく形になるので、相手にとってはかなりのストレスですし、相手の前進する力を利用してお腹にダメージを与える事が出来ます。

地味に足はグローブ等をつけていない部分なので、お腹に貰い続けると結構キツいですよ。

田村カツオ田村カツオ

特に自分より身長の高い相手が前蹴りをしつこくしてきた場合、懐に入れる気がしません(汗)

キタエ鯛キタエ鯛

確かにそれは厄介だね。

中澤純中澤純

僕ならローキックで前蹴りしてくる足を潰すか、圧力で前にいきますけどね。

キタエ鯛キタエ鯛

(一般人・初心者にはそれが難しいっちゅうの!)

自分から飛び込んで蹴るのはリスクもある。

前蹴りは相手が出てきたタイミングに合わせて蹴るのがオーソドックスです。

遠くの相手に踏み込んで前蹴りを当てると、どうしても予備動作が大きくなり、避けられやすくなります。避けられた後のスキも大きいのでリスクがあります。上級者向けだと言えるでしょう。

自分から踏み込むと…
田村カツオ、中澤純の遠い距離からの前蹴りを避けるの図。

自分から踏み込んで遠い距離の相手に当てる前蹴りは防御と言うより、攻撃の要素が大きいです。使いこなせば遠い距離から相手を制する事が出来るというメリットはありますが、中々難しいですね。顔の防御がおろそかになりがちになる人が多いです。

田村カツオ田村カツオ

遠くの距離から前蹴りを連続で当てられた時の絶望感と言ったら…

キタエ鯛キタエ鯛

わかる!

あれをやられると勝てる気がしないよね。

相手を誘い出して蹴る前蹴り。

前蹴りは相手が出てくるタイミングで合わせるのがベストなのですが、その応用として相手を誘い出して蹴る前蹴りがあります。

  1. ガードを上げて一歩前に出て相手にプレッシャーをかける。
  2. すると大体の相手はパンチで攻めてくる。
  3. パンチをブロックした上で空いたお腹を前蹴り!

 

K-1やKrushなんかを見ているとこのパターンの前蹴りを使う選手は結構多いです。代表的なところで言うと武尊選手。

パンチでのカウンターで前蹴りが入る形になりますので、かなり利きます。一瞬でも相手がひるんだらパンチのラッシュで仕留める。よく見ているとそういう場面が多い事に気がつくでしょう。

相手のパンチをさそう前蹴り。
相手にパンチを打たせて、そのカウンターで前蹴り。

これをやられ続けると、相手はそもそもパンチで攻撃できなくなります。パンチで攻撃するとお腹をやられるので怖くなってしまうんですね。

お腹に意識が行くと、顔の防御が散漫になり、パンチも当たりやすくなります。

この前蹴りのパターンは実戦で使えますので、試合に出る人は是非抑えておいて欲しいところですね!

中澤純中澤純

パンチャーに対しては前蹴りで突き放すのが基本です。

ローキックも良いのですが、ローキックだとパンチをもらう可能性があるので、前蹴りで突き放して心を折ってやりましょう!

田村カツオ田村カツオ

相手がやられたくない事をするってやつですね。

確かに前蹴り沢山蹴ってくる人はやりづらい…

終わりに。

前蹴りを使ったキックボクシングの防御のコツについてお話してきました。色々なディフェンステクニックはありますが、前蹴りを上手く使えると本当に試合やスパーリングが楽になります。

ムエタイの選手は前蹴りをジャブの様に使って距離を制して戦います。非常に重要な部分なので、ぜひ抑えておいて下さいね!