こんにちわ。キタエタイです。

今回は女性や高齢者が筋肉をつけるにはどうしたらよいのかについてお話をしていきたいと思います。どうしても若い男性と比べると女性や高齢者はあまり筋肉が付かないイメージがあります。

女性が過剰な筋肉でボディラインをゴツゴツさせる必要は薄いかも知れません。高齢者がゴリマッチョになっても何の得があるのか?と思う人もいるでしょう。

しかし、筆者は筋トレは全人類が行うべきものと考えております。ゴリマッチョになる必要はありません。生活の質を上げる為の筋肉を、女性も高齢者も、もちろん男性もつけていくべきなのです。

女性や高齢者は筋肉が付かない?

「女性や高齢者が筋トレをしたところで筋肉なんてつかないよ」という誤解が巷には溢れているようですが、そんな事はありません。筋トレをすれば誰もが筋肉をつける事が出来ます。

(筋肥大という意味でも、筋力UPという意味でも「筋肉をつける」事が出来ますよ。)

 

もちろん、女性は男性よりも男性ホルモン(筋肉を発育させるホルモン)の分泌量が少ないですし、高齢者は成長ホルモンの分泌が少ないので、筋肉をつけるのに一定の苦労はするでしょうが、努力をすれば必ず筋肉をつける事が出来ます。

 

まあ、この女性ほどではないにしても、誰もがかっこよく美しい筋肉をつける事は事実です。

女性もお年寄りも誰もが筋肉をつけられる!

若い男性でも筋肥大したり、筋力を大幅にUPさせるのは大変な事です。女性や高齢者が筋肉をつけようとすれば、確かに時間がかかったり苦労をしたりはするでしょう。

しかし、それでも頑張れば頑張った分だけ結果になってくるのが筋トレです。筋肉は絶対に裏切りません!80歳のお年寄りでも筋肥大したというデータもあるくらいです。年齢や性別にかかわらず、努力をすればしただけ成長してくれるのが筋肉なのです。

まずは、女性や高齢者だからダメだという先入観を捨ててみませんか?

ワカメワカメ

むしろ女性だからこそ、筋肉をつけていつまでも若々しくいたいというものではないかしら?

中澤純中澤純

高齢者も「歩けない」とか言ってる場合じゃないですよね。

筋トレが出来る内に筋トレしておけばいつまでも若さを保てるんですから。

女性や高齢者が筋肉をつけるにはどうしたらいいか?

誰でも筋肉はつける事が出来ると言っても、女性や高齢者が「筋トレの効果がドンドン出るポジションにある」とは言い難いです。おそらく、平均以上に苦労はするでしょう。

挫折せずに続ければ必ず結果が出るのが筋トレですが、挫折せず継続する為に心がけておくべき事を紹介していきますね。

食べ物やプロテインをしっかり摂る。

栄養を摂らないと筋肉は絶対に付かない。

まず、食べ物をしっかり食べる事。そしてプロテインをしっかり飲む事。この2つが非常に大事です。特に女性と高齢者について言えば。

概して、女性と高齢者は少食です。そりゃ中にはギャル曽根みたいな例外もいますが、基本的には若い男性より飲み食いする量は少ないでしょう?これは筋トレの効果という面ではあまり良くない事もあります。

 

筋トレというのは、筋繊維を傷つけて、その筋繊維が超回復して、筋肉が付いていくサイクルです。その際に豊富な栄養が筋肉の合成に必要になります。

筋肉をつけたいのであれば、沢山食べる事。そしてプロテインもしっかりと飲む事です。

 

女性や高齢者は口から沢山の栄養を入れる、という点においては意識がそれほどは高くない印象を受けます。増量期の若い男性程の量を食べろとは言いませんが、筋肉をつけたいのであれば沢山食べる事が重要です。

ワカメワカメ

トレーニングしたら栄養を沢山とる。

ちょっぴり太っちゃったら筋肉がついてから落とせばいいのよ。

キタエ鯛キタエ鯛

食べたものは筋肉の材料になるもんね!

正しいフォームを徹底的に意識する。

正しいフォームを意識する事は筋トレの効果を最大限に高める上で絶対に必要です。

腕のトレーニングなのに肩と首が筋肉痛になった、なんて別の所に効いている証拠です。

 

「腕を鍛えようとして肩と首が鍛えられたんだったら、別の種目で腕を鍛え直せばいいじゃん?問題なくね?」と思うかも知れませんが、それはNG。腕を鍛える種目で別の場所が鍛えられても、それは「中途半端な鍛えられ方」です。要は効率が悪いという事。

腕の種目では腕を鍛え、脚の種目では脚を鍛える。効率よく筋トレをしないと効果は中々出ません。

特に女性や高齢者は筋力不足から種目のフォームが乱れがち。そんなの苦しいだけで、筋トレじゃありませんから無理のない重量でのトレーニングを強烈に意識しましょう!

田村カツオ田村カツオ

ベンチプレスで首まで筋肉痛になった!

首も一緒に鍛えられるなんてついてるなあ!

キタエ鯛キタエ鯛

それ、フォームがめちゃめちゃなんだよ。

本来鍛えるはずの大胸筋への効果が落ちてるよ!

継続する。ひたすら継続する。

筋トレを続けよう!

運動経験の無い女性、体力の衰えを感じてきている高齢者等に特に多いのが「筋トレが辛くなって続かない」という問題です。

若い男性ですら、ちょっと効果を実感出来るのが筋トレを始めて3ヶ月目以降から。女性や高齢者が効果を得るのにはもっとかかるのが自然です。

だから、絶対に筋トレはやめちゃダメです。

 

精神論みたいな事を言うつもりはありませんが、続けないと何にもならない。筋肉をつけたいなら筋トレをする。筋トレを続ける。つけたくないなら辞める。それだけです。

筋肉をつけたいならばトレーニングを辞めてはダメです。

田村カツオ田村カツオ

やめちゃう位なら頻度を落としても良いから続けましょう。

続けないとホントに何の意味もなくなってしまいます。

時間がかかると理解する。

筋トレは本来時間がかかるものです。

キタエ鯛キタエ鯛

ジムに行ってヘトヘトになり、筋肉痛で何日間か動けない。

中澤純中澤純

周りはマッチョな男性ばかりでういちゃうし、今はテレビがやってる時間。

散々続けたと思ってふとカレンダーを見るとやっと1ヶ月が経ったところ。

ワカメワカメ

最低でも3ヶ月続けるのが筋トレ?

しかもそれは早い人の場合であって、女性や高齢者が効果を感じるまでにはもっとかかる???

 

筋トレとはそういうものなのです。それを乗り越えた者だけが、街を歩く時すれ違う人が振り向くようなかっこいい体、年齢を知らない体を手に入れる事が出来るのです。

最初から筋トレは時間がかかると認識しておきましょう。それだけでもずいぶん継続しやすくなるはずです。

優越感を持つ。

筋トレをしている人としていない人では圧倒的に体に差が出てきます。筋トレは究極のアンチエイジングであり、健康法です。

 

特に男性と比べて筋力が弱い女性や、高齢者においては筋トレをしているかしていないかで大きな違いが出てきます。

  • 腰が曲がっている。
  • 膝が痛い。
  • お尻が垂れる。
  • お腹が垂れる。
  • 二の腕が垂れる。
  • 肌が汚くなる。
  • 胸の張りがなくなる。
  • 力こぶが出ない。
  • 見た目が老けてる。
  • などなど

 

全て筋トレをする事で解消or軽減出来るものです。

筋トレをしていない同級生のあの人はすっかり歳を取って今じゃ杖をついているけど、自分は今ジムでベンチプレスをしている!なんてかっこよくないですか?

筋トレをしているからこそ感じられる事なのです。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

終わりに。

女性や高齢者が筋肉をつけるにはどうしたらいいのかについて述べて来ましたがいかがでしたでしょうか?

結局は性別や年齢にかかわらず、やるべき事をやり続けるしかないのですが、女性や高齢者は概して筋肉をつけるのに苦労します。それを認識した上でアプローチする事が出来れば精神的にも楽ですし、継続する事が出来ますね!