こんにちわ。キタエタイです。

今回はデッドリフトの平均重要についてですね。

ジムで筋トレする人達の宿命としてあるのが「ベンチプレスの重量は気にするけどそれ以外は無頓着」というものです。(もちろん、そうじゃない人も沢山いますけど、ベンチプレスの重量ばかりにこだわる人って多いです。)

しかし、計画的に体を鍛えるのであれば各種目の平均重量をある程度でも良いので抑えた上で、自分の立ち位置を把握する。これって超重要な訳です。

という事で今回はデッドリフトの平均重量について男性・女性別に分けて考えてみます。

【女性】デッドリフトの平均重量まとめ

まず、女性のデッドリフトの平均重量からまとめていきたいと思います。とりあえず、下記の表をご覧下さい。女性の体重別のデッドリフトの平均的な重量をまとめたものです。Female Deadlift Standardsより抜粋)

体重初心者初級者中級者上級者エリート
4023406188117
4527446794125
50304872100132
55335277106138
60365681111144
65395985116149
70426389120155
75446693125160
80476997129164

 

これは海外のサイトから抜粋・翻訳したものなので、おそらく平均的な日本人女性のデッドリフトの重量よりも多少重いとは思いますが、大体これくらいというラインは分かりますね。

 

何をもって「平均重量」とするかは非常に難しいところなのですが、全く運動をしていない日本人女性のデッドリフトの平均は「初心者」の欄の数値で大体あっているでしょう。

最近は増えてきたとは言え、まだまだ日本のフィットネス人口は多くはないので競技者まで入れた「女性全体の平均重量」を考えてもおそらく「初心者」と「初級者」の中間あたりの数字が「平均重量」としては妥当なのではないでしょうか?(高齢者を入れて考えるともっと下がるかも・・・)

 

女性の場合、デッドリフトならとりあえず自分の体重を持ち上げるのを目標にして頑張るのがよさそうですね。(というか、女性で重量にそこまでこだわる人は多くないとは思いますが・・・)

ワカメワカメ

女性は持ち上げる重量じゃなくてボディラインにこだわる人が多いからね。

重い重量を挙げるのを目指すストイックな人は多くはないよね。

田村カツオ田村カツオ

そもそも一般のジムでデッドリフトをしている女性をあまり見かけないからなー。

中澤純中澤純

まあ、そのジムにもよるでしょうけど、女性は筋肥大や筋力UPよりもダイエット目的の人が多いのは事実でしょうね。

【男性】デッドリフトの平均重量まとめ

次に男性のデッドリフトの平均重量についてです。下記の表が体重別のデッドリフトの平均的な重量をまとめたものです。Male Deadlift Standardsより抜粋)

体重初心者初級者中級者上級者エリート
50456794126160
555275104138174
605984114149187
656692124160199
7073100133170210
7580108142180221
8086115150190232
8593123159199242
9099130167208252
95105136174217262

 

こちらも海外サイトから持ってきたものですので、日本人男性の平均よりも多少高い数値かも知れませんね。

筋トレをほぼしていないような層の男性ならば、デッドリフトは自分の体重前後を持ち上げる事が出来る。これが「平均重量」と考えてよさそうですね。

 

男性の場合は、女性よりも重量にこだわって筋トレをしている人が多いとは思います。個人的な意見ですが、ジムに定期的に通っている男性の平均は「初級者」の数値くらいではないかと思います。

ジムに行っていると言っても、マシントレーニングで小さい筋肉を鍛えて終わり。という人が多いので、そういう層まで入れたデッドリフトの平均はかなり下がる気がします。

中澤純中澤純

平均というか、デッドリフトの場合、男性ならまず自分の体重の1.5倍を上げる事を目指しましょう。

そして、その次に自分の体重の2倍ですね。

田村カツオ田村カツオ

僕はまだ体重の2倍は挙がらないです。

というか腰を痛めたくないからチャレンジすらしてないという(笑)

多分1.8倍くらいはいけそう?

キタエ鯛キタエ鯛

デッドリフトに限らずだけど、平均重量はあくまで「目安」だから、大体のラインを知った上でどう行動するかが大事だよ!

終わりに。

デッドリフトの平均重量について女性と男性の数値をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

本来であれば筋トレは周りと勝負するものではなく、己との戦いです。ですが、大体の平均値を知った上で、自分の立ち位置が分かればより効率の良い筋トレにつながります。筋トレ初心者ならばまずは「中級者」の数値を目指してがんばりましょう!

デッドリフトだけでなく、他種目も織り混ぜていく中で自分の体はどの部分が強くて、どの部分が弱いのか。それを知る為に「平均重量」を抑え、鍛えていきましょう!