こんにちわ。キタエタイです。

今回はデッドリフトの重要の目安についてです。デッドリフトに限らず、ベンチプレスでもスクワットでもパワーリフティングの大会に出るのでも無い限り、そこまで重量にこだわる必要はありません。何故なら筋トレは他人と比べるものではないからです。(競技としてやるなら別ですが。)

しかし、それでも自分の立ち位置が大体どれくらいかを知りたいのが人情というもの。体重にもよりますが、「これくらい挙げたらこういうレベルなんだ」という大体の目安について、まとめてみましたので是非参考にしてみて下さいね!

デッドリフトの重量の目安をまとめてみたよ!

デッドリフトが何キロ上がれば(1RM)どれくらいのレベルなのか?体格や体重によって違いはありますし、競うものでもありませんがあくまでも目安という事でまとめてみました。

デッドリフトは種類が多い種目ですが、ここでは普通のコンベンショナルデッドリフトでもスモウデッドリフト(ワイドスタンス)でも「とりあえず上がれば良い」みたいな感じで、指定はせずに書いていきたいと思います。(一般的には日本人は手が短い場合が多く、ワイドスタンスの方がより重い重量が上がる人が多いです。)

デッドリフト 30キロ

デッドリフト30キロというのは特にトレーニングをしていなくても成人だったら多くの人が上げる事が出来る重量です。

非力な女性やお年寄りには上げられない人も結構いると思います。

デッドリフト 50キロ

デッドリフト50キロは非力な成人男性だと上がらない人がいるけれども、大体の成人男性は挙げる事が出来る重量です。

デッドリフト 70キロ

デッドリフト70キロは筋トレをしていない男性にとってはかなり重い重量にはなるでしょうが、それでも多くの男性が上げる事が出来るでしょう。筋トレをしている女性もこれくらいまでなら何とか上げられる人も多いでしょう。

デッドリフト 80キロ

筋トレをしていない男性が上げられたらちょっと凄いくらいのレベルです。筋トレをしている人にとっては別に何でもない重さですね。

女性が上げるとしたら、結構真面目に筋トレをする必要があると思います。

デッドリフト 100キロ

筋トレ初心者が目指す一つの壁ですね。筋トレをしていないとちょっと上げるのは難しいという人は多いのではないでしょうか?

と言ってもベンチプレス100キロとは違って、普通に筋トレしている男性がデッドリフトで100キロ上げるのは比較的容易です。

女性だったらかなり凄いレベル。

デッドリフト 120キロ

一般的な日本人だったら筋トレをしていないとほぼ上げる事が出来ないレベルです。

デッドリフト 150キロ

体格にもよりますがデッドリフト150キロは男性でも上がったら割と凄いレベルです。と言っても真面目に筋トレを頑張れば1、2年もしないで到達出来るでしょうけど…

女性でデッドリフト150キロは凄い!の一言です。体重にもよりますが、パワーリフティングの大会でも入賞が狙えるでしょう。普通のジムでこれだけ上がる女性はほぼ見かけません。

デッドリフト 180キロ

デッドリフト180キロは達成出来ればかなりの力持ち!

デッドリフトで180キロくらいの重さになると「そもそもデッドリフトでは重さを重視していないから…」という理由でチャレンジすらしない人も結構います。どこかを痛めたりするリスクがありますからね。

女性ではパワーリフターでも180キロ上げる人はほぼいません。

デッドリフト 200キロ

デッドリフト200キロは多くの筋トレ愛好家が目標(人によっては夢)に設定する重さです。上がれば普通に凄いです!かなりの怪力の持ち主です。身体の厚みも一般人とは全然違います。

デッドリフト 250キロ

デッドリフト250キロは一般の筋トレ愛好家ではまず上げる事が出来ない重さです。

200キロくらいまでならパワーリフターでなくても上がる人は上がるでしょうが、250キロは異次元の世界です。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

デッドリフト 300キロ

デッドリフト300キロは100キロ近いパワーリフターでないと上がりません。ほぼ化け物のレベルです。日本に何人いるんだってレベルです。

心配しなくても99%以上の人はかすりもしないくらい遠い重さです。

デッドリフト 500キロ

Eddie Hall(エディ・ホール)が2016年に樹立したデッドリフトの世界記録です。ここまでになると神と人間の境界線くらいのレベルです。おそらく人間としては限界の重さでしょう。

下の動画ではEddie Hall(エディ・ホール)がデッドリフト500キロ挙上成功後に気絶しています。

終わりに。

デッドリフトの重量の目安についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

正直200キロ以上は想像する事も出来ないくらいレベルが高いので、実感が沸きにくいですよね(笑)重すぎる超人的な数字はおいておいて、筋トレ初心者はまず自分の体重をデッドリフトで上げられるようになり、その後自分の体重の2倍を上げられるようになれれば良いと思います。

デッドリフトはそこまで重い重量を扱わなくても十分効かせる事は出来ますので、フォームを守って身体を痛めないようにしながら、無理の無い範囲で自分の記録に挑戦していきましょう!