こんにちわ。キタエタイです。

今回は筋トレが続かない人の特徴や続かない理由について述べていきたいと思います。当ブログを見て下さっている方はおそらく「筋トレが続く側」の方が多いのでしょうが、そんな方々でも筋トレが続かない人たちの特徴や思い、理由などを理解しておくのは有意義です。

 

なぜなら自分が筋トレで挫折してしまう確率を下げることが出来るからです。「他人のふり見て我がふり直せ」ではないですが、筋トレが続かない人について考えてみるのも自分のトレーニングの為になるでしょう。

筋トレが続かない人の特徴・理由まとめ

筋トレが続かない人の特徴や続かない理由ですが、特徴と理由で分けて考えるのよりまとめた方がスッキリすると考えましたので、今回は特徴と理由で分けてはいません。以下キタエタイが思うところを挙げていきたいと思います。

※ちょっと辛辣な部分もあるかもしれませんが、そういう特徴を持った人に筋トレを辞めろというのではなく、そういう部分がもし自分におありでしたら改善して頂く為の参考にして頂ければというニュアンスで書いております。


  1. 自己管理が出来ない。
  2. お金の管理が出来ない。
  3. せっかちである。
  4. 無理している。
  5. 筋トレを続けられる環境では無い。
  6. 飽きっぽい。
  7. 根性がない。

筋トレが続かない人の特徴・理由1 自己管理が出来ない。

筋トレが続かない、すぐに挫折してしまう人というのは自己管理が出来ない人が多いです。自己管理が出来ない人こそ筋トレが必要な体をしている事が多いので、ここはちょっとジレンマなのですが(笑)

筋トレは一種の自己管理です。栄養やメニュー、スケジュール等を自分で管理する必要があります。他人にサポートしてもらう事は出来ますが、代わりにやってくれる事は出来ません。ジムのスタッフやトレーナーは皆優しく教えてくれたり、手伝ってくれますが、最終的には自分でやるしかないのです。

最後の最後で「自分は無理だ」と投げ出してしまったり、惰性で何もしなくなってしまうと、もうそこで筋トレが残念な形で終焉を迎えてしまう事になりますね。

筋トレが続かない人の特徴・理由2 お金の管理が出来ない。

筋トレが続かないし挫折してしまう人はお金の管理が出来ない人が多い。

お金の管理が出来ない人は筋トレが続かない事が多いです。

非常に不思議な現象なのですが、ジムの会員さんで真面目にジムに通うのは3割くらいだそうです。7割の人はあまり来ないし、中には1回も来ない人もいます。ジムにお金を払っているにも関わらず、ジムに来ないってどういう事?と思うかも知れませんが、実際にそうなんですね(^^;)

ジムに来ない人の殆どは筋トレはしていないでしょう。お金をドブに捨てつつ、筋トレもしない。=お金の管理が出来ない人は筋トレが続かないという構図となります。

これは何もジムだけでなく、1回も使っていない会員制のカードの年会費だったり、使わないインターネット上のサービスの使用料だったりを払い続けている人は筋トレで結果を出している人にはいないと思います。

筋トレが続かない人の特徴・理由3 せっかちである。

筋トレはすぐには成果が出ません。

超真剣に頑張って、プロテインも飲んで、サプリメントも飲んで、管理された生活をしても3ヶ月後の自分はそこまで大きくは変わっていないでしょう。

もちろんゼロの状態の初心者が3ヶ月頑張れば変化はあるのですが、一部の人は筋トレに対して魔法のようなイメージを持っており、3ヶ月で格闘家のような体になれると思っている人がいます。

格闘家の体

はい。無理です(笑)

筋トレは地道に焦らず続けて、半年、1年と経ったら「おお!変わった!」と感じるものです。その後も2年、3年と続ける事でより大きな効果を実感できるようになる。それが筋トレです。

せっかちな人は気を長く持つようにしましょう!そうじゃないと挫折しちゃいますから…

筋トレが続かない人の特徴・理由4 無理している。

筋トレ初心者に特に多いのですが、無理すると筋トレは続きません。挫折します。(他の競技でも同じだと思います。)

例えば、スクワットやデッドリフトで無理に重い重量を扱おうとすると腰や膝を痛めますし、効果も出ません。そんな時、筋トレが続かないタイプの人はこう思うんです。

「俺はこんなに頑張っているのになんで…もうやってられっか!筋肉なんて無くてもいいわ!コンチクショー!!」と。

そうじゃないんですよね。無理して自分に合わない重量で筋トレしてフォームが乱れるのは普通のことだし、怪我の危険も高まります。それは当たり前のことなんですね。

無理せず続けるのが筋トレです。なんでもそうですが、無理したら続きませんよ。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

筋トレが続かない人の特徴・理由5 筋トレを続けられる環境では無い。

忙しい社会人の方によくあるケースがジムに入会だけして、実際は来ないで終わった、というパターン。筋トレの挫折・続かないというよりは始める以前の問題です(^^;)

筋トレを始めようとするのは素晴らしいのですが、自分自身にそれだけの時間が確保できる状況かを考えてみるのも大事です。

「1日1時間は時間が作れるからその時間を筋トレに当てよう」と考えても恐らく破綻します。1時間筋トレをしたいのであれば、3時間は余裕を持つべきです。人間は必ずダレるし、一息つく時間が欲しくなるものです。

1日の内1時間しか筋トレする時間が捻出出来ない環境の方が1日1時間筋トレするのは無理でしょう。他の用事が出来てしまい結局やらずじまい=挫折となってしまうと思います。

筋トレが続かない人の特徴・理由6 飽きっぽい。

筋トレは色々な種目があり、サプリメントがあり、器具があり、BGMもあるし、友達も出来ますが、続けていると単調作業と受け取る事も出来ます。(まあ、仕事でもなんでもルーティーンの繰り返しに究極的にはなってしまいますよね。)

飽きっぽい性格の方は筋トレが習慣化してルーティーンになってきた時に続けられるかが非常に微妙なところです。何でも頑張って続けた先に良いことが待っているという姿勢で続けてくれれば良いのですが…

筋トレが続かない人の特徴・理由7 根性がない。

筋トレに根性は必須です。

誤解しないで欲しいのが、筋トレは理論的に体を鍛えていくメソッドで科学的なのですが、徹底的に体を追い込む場合等はやはり根性も必要です。

理論的に考えて徹底的に追い込む場面というのは絶対あるのですが、そういうところで怠けてしまう方は筋トレが続かないのではないでしょうか?きつくて辞めてしまうはずです。

女性より男性が筋トレが続かない・挫折しやすい理由は?

意外な事に筋トレは女性よりも男性の方が挫折しやすく続かないものです。これホントです。

一般的には女性より男性の方が力があり、筋トレをしているイメージなのですが、実際は男性はジムをすぐに辞めてしまう人が多い。女性の方が継続出来る傾向があり長続きして結果を出している傾向があります。

もちろん、これには個人差もあります。筋トレを一瞬で挫折する女性も沢山います。

 

ですが、概して女性は筋トレが続きやすい。

おそらくこれは女性の「綺麗になりたい!」という欲求の強さを表しているのだと思います。筋トレは健康的に自分のビジュアルを変える最も効果的な手段です。美容整形のようにある意味では不健康な方法ではなく、自然に美しくなれる、ときたら女性は物凄いエネルギーを発揮するんですね!

筋トレは女性より男性が続かないし挫折しやすい。

対して男性は一般的には女性よりも見た目に対する意識が低いのでしょうね…(もちろん、個人差が大きい問題です。意識が高い男性も沢山います。)

筋トレは意識の問題なので、何か強い動機や目的を持っているかどうかはかなり大きいです。筋トレは女性よりも男性の方が続かないし挫折しやすい。そういう意味ではジムで出来る男友達って貴重な仲間ですね(笑)

あとがき。

筋トレが続かない人の特徴や理由、女性より男性が挫折しやすいという傾向などについて述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

キタエタイとしては筋トレで挫折するのも続かないのも、個人の色々な事情がありますし仕方ないと思っています。ただ、せっかくトレーニングをするのであればいい結果を出して欲しいし、人生の質を上げて欲しいと思っています。

筋トレが続かない理由を意識する事で、少しでもあなたの筋トレが続くようになるのを祈っています。

田村カツオ田村カツオ

いやー…

筋トレが続かない理由その7「根性がない」は聞いていて耳が痛かったね。

キタエ鯛キタエ鯛

うーん。多分カツオ君は大丈夫だよ。

田村カツオ田村カツオ

え?なんで?

キタエ鯛キタエ鯛

筋トレがもうある程度習慣化してるでしょ?

多分、筋トレを辞める根性がないよ(笑)

中澤純中澤純

(これってキタエ鯛はカツオさんを褒めてるんだろうか?けなしてるんだろうか?(笑))