こんにちわ。キタエタイです。

今回はベンチプレスにおける足の使い方を解説していきます。ベンチプレスは上半身だけで上げる種目ではありません。下半身や体幹も非常に重要となってきます。足の位置や足の踏ん張りで記録が変わります。

ベンチプレスの最大の目的は大胸筋や上腕三頭筋、三角筋などを鍛える事であり、上げる重量はウエイトリフティングを競技としてやっていなければそれ程重要ではありません。ですが、なんだかんだでやっぱり自分の記録は気になるのは人情ですし、モチベーションにも関わります。

是非、ベンチプレスの足の使い方を覚えていってくださいね。

ベンチプレスのコツ!足の使い方を解説!

キタエタイYouTube公式チャンネルではベンチプレスでの足の使い方を中澤純氏が解説しています。足の位置や足の踏ん張りについて動画で感覚を掴んでみてくださいね。ベンチプレスでの「裏技」も説明しています。

よろしければチャンネル登録お願いします!

キタエタイYouTubeチャンネル登録ボタン

ベンチプレスの足の使い方を解説!足の位置や踏ん張りが重要!

田村カツオ田村カツオ

ううう・・・ベンチプレス、あと一歩のところで上がらない。

もうちょっとで80キロの壁を越えると言うのに…

中澤純中澤純

カツオさん、きっと足がうまく使えてないんですよ。

足の使い方を覚えればベンチプレスも伸びますよ!

田村カツオ田村カツオ

マジすか?そんなテクがあったとは…!

キタエ鯛キタエ鯛

ふふふ。今回のテーマが決まったようだね(^_-)

ここではベンチプレスの脚の使い方を説明していきます。人の身体というのは一人一人違いますし、かなり感覚的な部分もありますので掴みにくい話なのですが、理論を学び実践を繰り返す事で少しずつ掴んでもらえればと思います。


①ベンチに寝て足を床に下ろす。膝は90度くらいに曲げる。膝が伸びすぎても曲がりすぎても駄目。かかとを床につけしっかりと床を押す。

※身体のサイズは人によって違うので、膝の角度は適宜調節して一番かかとで床を押しやすい箇所を見つける。平均的な日本人男性ならば大体90度付近で落ち着くはずです。

※右足と左足の幅やつま先の向きについても、絶対的な決まりはありません。自然と力が入るポイントを探す。これが基本です。

ベンチプレスの足の使い方


足で床を押すとお尻が浮いてしまう人がいるが、それは公式の大会などでは反則となってしまう。(プライベートでのベンチプレスなら問題なし。)


③正しく足で床を押すことが出来ると、頭の方向に身体全体が動く力が働くので、その時にお尻を締めてブレーキをかける。

競技でベンチプレスをする時はその時に思い切り腰を反らしてアーチを作る。こうすることでディクラインベンチプレスに近い形になり、より重い重量を上げる事が出来る。

この動作全体を通して、ベンチプレスの足の踏ん張りとか足の使い方という事が多い。


④ボディメイクという観点では重量をテクニックで上げてもそこまで意味はないし、アーチを作るために腰を反らせすぎると普通に腰を壊すので注意が必要。

HMBサプリメントで筋トレの効果を大幅UP!

筋トレの効果を高めたいのならHMBサプリメント!

終わりに。

ベンチプレスの足の使い方や踏ん張りなどについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか?

これについては完全に自分のものにするまで練習するしかありません。また大胸筋や上腕三頭筋を追い込むという意味では別に上半身だけでベンチプレスをしても鍛えられると言えば鍛えられますし、筋トレ初心者のうちはそこまで気にする必要はないかも知れません。

ですが、やはり男はベンチプレスの重量だ!と思う人は是非テクニックとして身につけておくべきでしょう。キタエタイはそういうガッツのある人は応援しますよ(笑)

田村カツオ田村カツオ

うお!

ベンチプレス83キロが上がった!足の踏ん張りのおかげ?

中澤純中澤純

やりましたね!これで自信がつきましたね。

筋トレ初心者卒業したいなら100キロは上げたいですねー。

田村カツオ田村カツオ

100キロ!!

遠い世界です(笑)