こんにちわ。キタエタイです。

今回のテーマはV6の岡田准一さんの筋肉がヤバイ件についてです。一部では「筋肉つけすぎ」とまで言われるその肉体を作り上げる筋トレメニューや岡田准一さんが実践している格闘技の種類などについて突っ込んでいきたいと思います。

ちなみにこのブログは格闘技ブログでもあるので、岡田准一さんの格闘技について扱うのですが、リサーチすればする程「岡田准一はただ者じゃない」という結論にいたり、確信し、微動だにできません!(笑)

やばかったです(笑)

岡田准一、筋肉つけすぎ!筋トレメニューはどんな感じ?

岡田准一の筋肉について。

岡田准一さんの筋肉が凄いと聞いた時、ぱっと頭に思い浮かぶのが「ジャニ筋」というやつです。

ジャニ筋とは筋肉量は決して多くないのですが、脂肪が少なく、締まって見える身体の事です。一部のアンチからはヒョロガリと言われたりもします。見方によっては細マッチョとも言えるのがジャニ筋ですが、キタエタイとしてもジャニ筋は細マッチョというよりは痩せているという表現が正しいかな?と。

岡田准一さんの筋肉が凄い、筋肉つけすぎというのは、イケメンフェイスからは想像もつきません。ですので、初めて「岡田准一の筋肉やばいってよ!」って聞いたとき「どうせジャニ筋だろ?」と思ってしまうのです。

 

しかし、実際はそんなことないです(笑)岡田准一さんの肉体は筋肉つけすぎかどうかは分かりませんが、美しくかっこいい鍛えられた身体で、ジャニ筋などではないのです岡田准一さんは三角筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋、大胸筋、広背筋などが鍛えられているのが一目で分かる体型であり「あ、映画でのアクションシーンは代役じゃないんだな」と今更ながら思い知らされる肉体美なのです。

岡田准一、筋肉つけすぎ!(イメージ画像)
この人は岡田准一さんではありませんが、岡田准一さんはこんな感じの筋肉です。

ただ、冷静に考えてみると岡田准一さんは映画などでのアクションシーンも多いし、あれだけ動くのであれば筋肉は必要ですよね。無駄に筋肥大している類の筋肉ではないので、岡田准一さんの筋肉は「つけすぎ」というより「ちょうど良い」くらいなのかも知れませんね。

もちろん、ハードなアクションをする人にとっては「ちょうど良い」という事であって、単にステージで歌を歌うアイドルには「つけすぎ」と言われてもおかしくない筋肉です。

岡田准一の筋トレメニューについて。

岡田准一さんがどのような筋トレメニューをしているのかは公表されていません。ですが、岡田准一さんがどのような筋トレメニューをしているのかは、肉体をみれば推測が出来ます。また岡田准一さんが非常に売れっ子であり、過密スケジュールであるという事もヒントになろうかと思います。

岡田准一さんのような肉体を作るにはまずBIG3を基本にして、足りない部分をオプション的に鍛える。格闘技の練習をする事で身体の動かし方を筋肉に覚えさせる。体幹トレーニングを行う、というものでしょう。

 

まず、岡田准一さんのような肉体ですが、明らかに筋トレの基礎を欠いたメニューでたどり着けるものではありません。基礎であるBIG3はやっているはずです。BIG3は比較的短時間で効率よく多くの筋肉を鍛える事ができるので、過密スケジュールである岡田准一さんにはその点でも合っています。

岡田准一さんは格闘技をやっていますが、基本的には格闘技をするにあたっては、ボディバランスが重要となってきます。一箇所だけ鍛えても身体のバランスが崩れるので、全身を鍛える=BIG3を中心にやっているというのは妥当な線でしょうね。おそらく広背筋や僧帽筋を鍛える為に懸垂もやっているはずです。

(というか、岡田准一さんが懸垂が出来ない姿が想像できない。そういう筋肉をしています。)

また、アクションシーンが多いことからファンクショナルトレーニングや体幹トレーニングも行っているでしょう。筋肉をでかくする事にはあまり集中せず、限られた時間で、筋肉そのものも、筋肉の機能もUPさせるような筋トレですね。

岡田准一さんには専門のパーソナルトレーナーがついている事が推測出来ますので、メニューは決まっているというものはあまりなく、色々変化を付けて効果的に筋肉への刺激を変えているのでしょうね。

岡田准一の格闘技の種類などについて!カリとかやばすぎでしょ!

岡田准一さんが筋肉をつけているのは、筋トレfor筋肉というより、筋トレfor格闘技、と言える部分もあるでしょう。格闘技をするから筋肉をつける。格闘技をしたら筋肉がついた。そういう部分はあると思います。

岡田准一さんは格闘技に精通している事で知られておりますが、その種類は様々です。分かっているだけでも

  • ジークンドー
  • カリ
  • 修斗
  • 居合い
  • ブラジリアン柔術

と、数多いです。もはや何が起こっても瞬時に対応出来そうな感じです(汗)

ジークンドーとはブルースリーが考案した路上実践格闘術であり、打撃も締めも投げも何でもありです。特徴は構えで利き手が前に来る事ですね。これはキックやムエタイ、ボクシングなどど逆で非常に特徴的です。

カリはフィリピンの国技です。徒手格闘も含みますが、武器も使います。岡田准一さん主演の映画『SP』という作品がありますが、その為に岡田准一さんは3年かけてこのカリを習得したと言います。しかも指導者ライセンスまでとったとか…普通にSPに転職しても良いのではないでしょうか?(笑)

修斗は一言で言うと総合格闘技ですね。実践的なほぼ何でもありの格闘技です。

(ちなみに「シュートボクシング」は「修斗」とは違いますが美人格闘家のRENAさんのバックボーンでもあることから人気が高まっています。)

 

居合いは…すみません。筆者は詳しくないのですが、あの居合いですよね?(笑)これは格闘技というより「武道」なのでしょうが、もはや岡田准一さんのレベルが高すぎて少しついて行けなくなってきています(笑)

ブラジリアン柔術は非常に有名ですね。柔道とプロレスからエッセンスをもらって作り上げられた柔術ですが、本来的には何でもありの要素もあるのですが、実際には柔術の部分だけを教える道場が多いようです。岡田准一さんがどこまでブラジリアン柔術を極めたかは分かりませんが…

 

と、ざっと岡田准一さんの格闘技の種類などについて確認してきましたが、非常に実践的なものが多かったり、居合いみたいな「魂」を学びそうなものもあったりで、全く隙がないと思うのは筆者だけでしょうか?

岡田准一さんは格闘技センスが抜群という事で、ジークンドーとカリについては指導者ライセンスも持っているそうで指導も受けられるそうですよ?(一般人がどこまで受け付けてもらえるかは不明ですが(汗))

おそらくは、仕事の為に始めた格闘技なのでしょうが、ここまで来ると凄いです。何が凄いって、忙しい中でここまでの格闘技をマスターする精神力、筋トレを続けるマインド。

岡田准一さんは筋肉が凄い、格闘技が凄いという言い方では失礼ですね。

岡田准一は漢として凄い!と叫んでおきます(笑)

終わりに。

岡田准一さんの筋肉つけすぎという話題から、筋トレメニューから格闘技の種類についてまで色々述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

普通の人なら格闘技なんて一個やればお腹いっぱいになってしまいます。ですが、それを(少なくとも)5種類もやるとは凄すぎる…!

岡田准一さんの格闘技への意識の高さ、筋肉への意識の高さ、仕事への意識の高さが見て取れますね!